隣地との境界に崖。補修費用は私持ち?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月16日 22時05分

 私の自宅の敷地は隣地よりいくらか高くなっており、境界に崖があります。
 崖は石垣に覆われており、その石垣は階段になっているものの、今は使われておりません。
 隣地の住人(借地人)がこの石垣(階段)を取り外すそうなのですが、撤去後、補修も何もしないようなのです。
 ただでさえ、最近の地震で、石垣がもろくなっているだけに、コンクリート等で補修しないとそこから崩れるのは目にみえています。
 補修をするとすれば、費用は私が負担することになるのでしょうか。それとも、隣地の借地人、あるいは所有者が負担することになるのでしょうか。



(20代後半:男性)

匿名弁護士

     このような、境界となっている崖の石垣の設置費用・管理費用については、民法にも規定がありません。



     ただ、民法は、境界上の塀などについて、設置費用・管理費用を土地の所有者双方で折半すべきと規定していること(226条)、「隣地との境界に塀を建てたいが...(なっとく法律相談)」でも述べたとおりです。



     そこで、裁判所は、こうした規定やその趣旨を類推して、ご相談のような石垣についても、土地の所有者双方の共同の費用で行うべきと判断しています(東京高裁昭和51.4.28)。
     もっとも、共同の費用といっても、塀などと比べると、石垣の費用をどのように分担するのが公平かは、あなたの土地と隣地の土地との段差の状態やどちらが石垣の便益をより多く受けるのか、といった個別的事情に左右される面が大きいため、一概にはいえません。



     いずれにせよ、あなたの土地が崩れれば、隣地の借地人も被害を受けるでしょうから、隣地の借地人を通して、隣地の所有者との相談の機会を持ってみてはいかがでしょうか。
     その際、1つの考え方として、補修の必要なもろい石垣を除去する費用と、コンクリート等で補修する費用とを合わせた金額を折半することを提案してみるのもよいでしょう。

2015年07月16日 22時05分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

30年前に取得土地の隣家との境界線

境界線 2017年03月29日

30年前に土地を入手、家を建てて住んでいます。その時は東、南側の土地には家が建ってコンクリートの塀が設置されていました。 我が家はその塀を基準に、裏出口、物置を設置しています。最近になって東側の家が売却するとかで測量が入り、塀の位置が...

土地内について!

境界線 2017年03月25日

はじめまして、宜しくお願いします。 私の土地、約100坪の月極駐車場のど真中に許可無く市の下水道(汚水)が通っているのですが、それってあり得る事なのでしょうか? それは、土地代を請求する事も出来るのでしょうか?

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

境界線に強い弁護士

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

ページ
トップへ