隣との境界塀が越境、賠償金を払わなければならないのか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年05月03日 03時45分

 自宅を売却するため測量したところ、40年前にお隣と折半して建てた境界塀の中心線が、2cmほど隣家側にずれていることがわかりました。
 家の買主は、隣家とのトラブルを解決してほしいと言っています。隣は、塀を解体して新たに当方の負担で塀を建てるか、塀をそのままにして賠償金30万円を支払うかのどちらかを要求しています。
 そこまで負担しなければならないのでしょうか、お教え下さい。

(40代:女性)

匿名弁護士

 民法に「時効」という制度があるのはご存知かと思います。時効には、「取得時効」(民法162条163条)と「消滅時効」(167条174条の2)があり、前者は一定の時間の経過によって権利が得られるというもの、後者は同じく時間の経過によって権利を失うというものです。
 消滅時効のほうは、「飲み屋の借金は1年で払わなくてよくなる」とか言われ、身近な出来事として話題に上ることがあります。しかし、取得時効は期間も長く規定されているため(10年または20年)、時効が完成しているのに気がつかず、せっかくの利益をフイにしている人も多いのかもしれません。
 この事例は、まさに、取得時効によって土地の所有権を取得した場合にあたります。

 40年前に隣家との境界を設置したとき、あなたは隣側に2センチ入り込んだ部分の土地を占有し始めたことになります。その部分は、その当時は隣家の所有物でした。
 しかし、善意者(他人の物だと知らなかった者)については10年で時効が完成するので、その後10年間、隣家に入り込んだ部分の土地を占有し続けたことによって、30年前に時効が完成しました。その部分は、30年前からあなたの所有物になっているのです。
 したがって、塀を解体して建てなおす義務も、賠償金30万円を支払う義務も、あなたにはありません。
 また、時効取得は「原始取得」といって、何の負担もないまっさらな権利が手に入ることになっていますから、お隣は、あなたの土地の買主に何かを請求することもできません。

 お隣は、初めの10年以内に気がついて時効の中断(147条)を行えば、土地の所有権を失うことはなかったのです。
 お気の毒ですが、「一定期間継続した事実状態を尊重して法的権利としての効力を認める」という時効制度の趣旨にぴったりの事件だということになります。

2014年05月03日 03時45分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

境界線が無い土地購入トラブル

境界線 2018年02月26日

土地を購入したのですが知識が無く境界線が無い土地を購入してしまいました。 確かに買うとき境界線が無いようなことは言っていましたが境界線が無いので今困ってます。 境界線が無くても不動産屋は土地を売ることができるのでしょうか? もし違法な...

隣家とのブロック塀トラブル

境界線 2018年02月01日

隣家とは地主が同じで借地でした。6年前隣家が底地購入しました。 その際、境界線に50年くらい前に5センチずつ土地を出し合い建てたブロック塀があり、底地購入の際、塀の土地全部をうちには何も告げず購入しました。当時はうちは借地で、境界の確...

隣家との境界線、占有権に関して

境界線 2018年01月23日

約30年くらい前に、隣家との間でお互い話し合いのもと、ブロック塀を造りました。 その時は双方とも杭があることがわかりませんでした。 今年に入り、隣家の依頼により再度土地を確認したところ、隣家との間に杭がある事がわかりました。 さらに正...

境界問題訴訟

境界線 2017年12月26日

隣人との境界問題です。隣同士の敷地境界問題で、再三話しあいをしていますが、解決の目処が立たず、相手側は訴訟せよと云いだしました。訴訟をする場合の訴訟費用とこの場合の弁護士費用がどのくらい掛りますか。又そのかかる費用はどちらの負担となり...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ