隣との境界塀が越境、賠償金を払わなければならないのか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年05月03日 03時45分

 自宅を売却するため測量したところ、40年前にお隣と折半して建てた境界塀の中心線が、2cmほど隣家側にずれていることがわかりました。
 家の買主は、隣家とのトラブルを解決してほしいと言っています。隣は、塀を解体して新たに当方の負担で塀を建てるか、塀をそのままにして賠償金30万円を支払うかのどちらかを要求しています。
 そこまで負担しなければならないのでしょうか、お教え下さい。

(40代:女性)

匿名弁護士

     民法に「時効」という制度があるのはご存知かと思います。時効には、「取得時効」(民法162条163条)と「消滅時効」(167条174条の2)があり、前者は一定の時間の経過によって権利が得られるというもの、後者は同じく時間の経過によって権利を失うというものです。
     消滅時効のほうは、「飲み屋の借金は1年で払わなくてよくなる」とか言われ、身近な出来事として話題に上ることがあります。しかし、取得時効は期間も長く規定されているため(10年または20年)、時効が完成しているのに気がつかず、せっかくの利益をフイにしている人も多いのかもしれません。
     この事例は、まさに、取得時効によって土地の所有権を取得した場合にあたります。

     40年前に隣家との境界を設置したとき、あなたは隣側に2センチ入り込んだ部分の土地を占有し始めたことになります。その部分は、その当時は隣家の所有物でした。
     しかし、善意者(他人の物だと知らなかった者)については10年で時効が完成するので、その後10年間、隣家に入り込んだ部分の土地を占有し続けたことによって、30年前に時効が完成しました。その部分は、30年前からあなたの所有物になっているのです。
     したがって、塀を解体して建てなおす義務も、賠償金30万円を支払う義務も、あなたにはありません。
     また、時効取得は「原始取得」といって、何の負担もないまっさらな権利が手に入ることになっていますから、お隣は、あなたの土地の買主に何かを請求することもできません。

     お隣は、初めの10年以内に気がついて時効の中断(147条)を行えば、土地の所有権を失うことはなかったのです。
     お気の毒ですが、「一定期間継続した事実状態を尊重して法的権利としての効力を認める」という時効制度の趣旨にぴったりの事件だということになります。

2014年05月03日 03時45分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

30年前に取得土地の隣家との境界線

境界線 2017年03月29日

30年前に土地を入手、家を建てて住んでいます。その時は東、南側の土地には家が建ってコンクリートの塀が設置されていました。 我が家はその塀を基準に、裏出口、物置を設置しています。最近になって東側の家が売却するとかで測量が入り、塀の位置が...

土地内について!

境界線 2017年03月25日

はじめまして、宜しくお願いします。 私の土地、約100坪の月極駐車場のど真中に許可無く市の下水道(汚水)が通っているのですが、それってあり得る事なのでしょうか? それは、土地代を請求する事も出来るのでしょうか?

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

境界線に強い弁護士

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

ページ
トップへ