隣人が境界ブロックを無断で使用する!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時07分

 自分の敷地内に、自己負担で境界ブロックを建てました。私は自分の持ち物であると認識しています。隣家は、このブロック塀に土、草、雪等を被せたりしても良いものでしょうか?ちなみに隣家には境界ブロック等は何もなく、自分の土地を目一杯使用している状態です。


(40代:男性)

匿名弁護士

 自分の敷地に自分の費用で建てた境界ブロックは、あなたの所有物です。隣人が勝手に使用することはできません。


 隣地との境界を表すために、中心線が境界線上となるブロックを設置する場合は、ブロックが隣地にまたがるので、一方が勝手に設置できません。隣接地の所有者と協議する必要があります。


 これに対して、すべてが自己の土地上におさまる境界ブロックを設置する場合は、隣家と協議する必要はありません。この場合は、自己の費用で自分好みの塀を設置することができます。

ご相談の場合も、「自分の敷地内に、自己費用で境界ブロックを建て」たとのことですから、その境界ブロックはあなたの所有物であると考えられます。あなたの所有物である以上、隣人が勝手に使用することはできません。


 ただ、あくまでも土地を境界するブロックであり、隣地と接していることから、社会通念上相当な範囲であれば隣人が使用することも許容されると考えられます。

 
たとえば、家の周りや道路を掃除する際に、土や草、雪などが被ってしまう程度であれば、社会通念上相当な範囲といえるので、許容されるでしょう。


 これに対して、隣人が、境界ブロックをまるで自分の所有物あるいはあなたとの共有物であるかのように使用しているのであれば、社会通念上相当な範囲とはいえません。

 
このような場合は、自分の所有物である境界ブロックを不当に使用しないよう隣人に要求しましょう。

 
隣人の使用方法が、境界ブロックの効用を失わせる程度のものであれば、器物損壊罪が成立する場合もあります(刑法261条)。あまりに悪質なようであれば警察に相談するのも一つの方法です。

2014年01月07日 04時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

境界問題訴訟

境界線 2017年12月26日

隣人との境界問題です。隣同士の敷地境界問題で、再三話しあいをしていますが、解決の目処が立たず、相手側は訴訟せよと云いだしました。訴訟をする場合の訴訟費用とこの場合の弁護士費用がどのくらい掛りますか。又そのかかる費用はどちらの負担となり...

境界問題で土地家屋調査士からの和解案の拒否

境界線 2017年12月23日

隣同士の敷地の境界問題です。今まで隣との境界には植込みが有りましたが、境界杭等は有りませんでした。約17年前ですが、その隣の主人より自分側の敷地が広がるとの主張を受け、その根拠が誤った主張であり、現況の植込みを境界とする旨の打ち返しを...

隣人の家のブロック塀にうちの草木が触れているのですが、それを抜くようにと散々言われています。

境界線 2017年11月17日

大変困っています。 隣人の家のブロック塀にうちの草木が触れているのですが、それを抜くようにと散々言われています。 それは触れているだけで境界を超えていません。 抜かなければ違法になるのでしょうか? 今朝、抜いてくれという事を書いた張り...

柵などで閉鎖されていない教職員宿舎の敷地内に無断ではいれば住居侵入?

境界線 2017年11月17日

散歩の途中、知らずに大学の教職員宿舎の敷地内に入ってしまいました。 宿舎から住居者と思われる女性が出て来て、「ここは教職員宿舎の敷地です。住居侵入になりますので通らないで下さい」と強行に注意されました。 下記のような形態の場合、善意の...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

境界線に強い弁護士

退職トラブルについては当職へご相談ください。お話を真摯に伺い、最良の選択肢を提案します。

【桜木町から徒歩5分】弁護士ランキング上位。口コミでのご依頼も多数。弁護士費用もわかりやすく、リーズナブルにご...

【初回相談無料】【夜間・休日対応可】【当日・電話相談可】じっくりとお話を伺います。まずはお気軽にお問い合わせく...

【NHKあさイチ ゲスト出演】【弁護士直通】【電話相談可】【夜間/土日対応可】企業法務・個人依頼者の実績が多数...

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

【弁護士携帯070-2627-6876。LINE:bengoshisaito】示談・不倫・離婚男女問題実績多数...

ページ
トップへ