隣家との境界である石垣が崩れました。どちらが修理すべきでしょうか。

User image 1 lu_7896d1ddさん 2018年07月17日 11時44分

我が家は緩やかな坂のある団地にあり、我が家と隣家は段差で隔てられています。(石垣があります)我が家は段の下で、隣家は段の上です。この度の土砂災害において、境界となっている石垣が崩落し、土砂が我が家の庭に流れ込みました。
隣家の住人は、そちらの庭に流れ込んだので、そちらがなおすべき。というスタンスです。
こういう場合はどちらが直すべきなのでしょうか。
我が家的にはそのままでも構わないのですが、隣家の住人は早く治せといっています。

石垣は昔からあり、どちらが作ったのかわからないような古い土地柄です。

理屈の上では、請求の仕方によって費用負担者が変わる可能性があり、また、理屈は別にして、個別の経緯や事情などによって裁判所の具体的判断が変わる可能性がある事案です。

石垣も土地の工作物と言えるので、「土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、」「所有者がその損害を賠償しなければならない。」(民法717条1項)とされており、この所有者の責任は無過失責任(所有者に過失が無くても責任を負う)とされています。
なので、質問者様としては、崩れた石垣を撤去するための費用を損害として、隣家の土地の工作物によって損害が生じたという理由で損害賠償請求することが考えられます。

自己の土地の所有権に基づいて撤去を要求する法律構成もありますが、
この場合、理論上は、
隣家の石垣所有者が「崩れた石垣が質問者様の土地にあるので返してくれ」と請求するときは隣家が費用負担し、
質問者様が「隣家の所有物である崩れてきた石垣を、所有者である隣家の了解を得て撤去・廃棄する」ことを請求する際には質問者様が費用負担するということになります。
ただし、具体的な案件では、必ずしも裁判所はこのように杓子定規に判断せず、案件の諸事情を勘案して費用負担者や、費用の按分などを判断する場合も多いです。

土地のちょうど境界上にあれば、両方の土地所有者の共有物ということに推定され、崩れた石垣の半分は質問者様の物(持分)ということになってきますが、
どちらかの土地の敷地内にあれば、石垣もその土地の所有者の物であるということになってきます。

なので、土地の境界が段差の下なのか、段差の上なのかも重要になってきます。
段差の上に土地境界がある場合、石垣がその土地境界から質問者様側にあれば、石垣は質問者様の所有物であり、隣家は関係ないということになるおそれがあります。
段差の下の土地所有者が、段差の下が土地境界だと思い込んでいて、隣地所有者にのり地の擁壁設置を要求したところ、不動産を詳細に調べたら、土地の境界が段差の上で、のり地部分も段差の下の土地所有者の物だったということもあります。

2018年07月19日 10時33分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

長年占拠された土地があり、相手先が亡くなった為に取り返したい

境界線 2021年06月08日

長文となりますが、回答をお願いします。 実家(最近父が亡くなり、現在母1人)が所有する土地(畑、30坪、実家とは別番地)を隣家に40年以上勝手に占拠されていることが最近判明しました。亡父が過去に隣家へ抗議をしているか不明で、隣家は親戚...

奪われている所有地を取り戻すにはどうしたらいい?

境界線 2021年05月13日

隣家に塀を建てられ、9年余りを無償で占有利用されている私の土地約17㎡を取り返したいです。 約9年前に友人から購入した土地と家屋は、お父様の代に建てられ、友人が相続して住んでいました。 お父様の時代に引っ越してきた隣家が、新築工事のど...

越境地の取得時効、越境されている側からも主張出来るのでしょうか?

境界線 2021年01月31日

北側に隣接する土地の測量立会いの際に東側にあるマンション敷地内に私どもの土地が入り込んでいることが判明しました。マンションとの境界にはブロック塀があり、その塀のマンション側に三角形の土地が入り込んでいるようです。(マンションは1980...

未筆界土地の売却、建て替えは可能ですか?

境界線 2020年05月25日

30年程前に大手住宅メーカーより土地と住宅を購入しました。他の会社が土地分譲した一角をメーカーが購入して家付きで購入しました。境界ははっきりしてます(基礎、フェンス) 10年後くらいに町(現在は市)の地籍調査があった折に 分譲地と隣接...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する