弁護士コラム

不動産・建築

Section banner real estate
借地上の建物の増改築 新築・リフォーム 2018年10月31日

Q.私は、約10年前、地主さんから土地を借り、その上に建物を建てて住んでいます。子どもたちが大きくなってきて手狭になってきましたので、増築をしたいと思っています。このことは地主さんに説明する必要はありますか。その際、もし地主さんが増築を了承してくれなかったら、どうしたらいいでしょうか。 A.借地上に建物を建てるという契約で、無断増改築禁止の特約がなけれ...

筆界特定制度 境界線 2018年10月17日

Q.土地の境界をめぐる紛争について、新たに筆界特定制度というものができたと聞きました。どのようなものでしょうか。 A.これまで隣地との土地境界について争いが生じた場合、最終的には訴訟を提起して、裁判所に境界を確定してもらうしかありませんでした。ただ、訴訟となると時間がかかることもあり、より簡便かつ専門性を生かす方法として、この度、法務局による行政手続と...

賃貸している不動産を自己使用したい。立ち退いてもらうことは可能? 不動産・建築 2018年09月13日

こんにちは。弁護士の市野裕明です。今回は、賃貸している不動産を自己使用するために、借主に立ち退いてもらうことができるか、というお話です。 賃貸借契約は、2年間の契約になっていて、その都度、更新をしていくケースが多いのではないかと思います。そこで、更新のタイミングで、契約を更新せず終了すればよいと考える大家さんも多いかもしれません。ですが、実は、大家さん...

契約書の作成 不動産賃貸 2018年08月10日

Q.先日、父が亡くなりました。 今の住まいは父の代から借りていて、もう30年近くになります。賃貸借契約書は、借りた当時にはあったかもしれないのですが、現在、家主さんの所にも私の所にも契約書は見当たりません。 家主さんからは、新たに賃貸借契約書を作成し直してほしい、応じないのであれば出ていってほしいと言われています。家主さんが持ってこられた契約書は、借り...

土地購入面積の過不足 不動産売買 2018年08月03日

Q.先日、自宅用の土地を3000万円で購入しました。不動産登記簿謄本では50坪となっていましたので、売買契約書の土地の表示の欄に50坪と記載し、代金3000万円としました。ところが、購入後、この土地を実測すると、48坪しかありませんでした。代金を一部返還してもらえるのでしょうか。 A.まずは、売買契約書に土地面積と代金の関係がきちんと記載されていれば、...

【不動産・建築】不動産関係事件 不動産・建築 2018年07月30日

建物の収去・退去明渡し請求や、賃料の増減額請求、建物使用禁止の仮処分など、不動産にまつわる案件を多く取り扱ってきました。 最近では、空家の撤去や空家の相続人探し(いない場合には、相続財産管理人の選任申立)など、空き地・空家に関するご相談もお受けしています。 空地・空家に関する相続人調査は、手数料として、5万円+消費税(実費を除く)で受任しております。 ...

建築確認が下りない! なぜ、1.8mしか接道してないの? 不動産・建築 2018年06月22日

土地に建物を建築するためには、その土地が道路に接面していなければなりません。 しかも、ただ接面しているだけではダメで、土地と道路が接面している部分の間口が2m以上なければなりません。 そうでないと建築確認が下りず、建物を建てることができません。 建築基準法で「建築物の敷地は、道路に2メートル以上接しなければならない。」(建築基準法43条1項)とされてい...

土地の値段はいくつある? 不動産・建築 2018年06月21日

土地の価格については、一物四価などと言われるように、いくつかの種類があります。 まずは、実勢価格(本来の時価)ですが、これは現実には売主と買主との交渉によって決まる価格であるため、売れる前には、付近の売買取引の状況などから推定するしかありません。 次に、地価公示価格というのがあります。 これは、国土交通省に属する土地鑑定委員会というところが毎年3月に公...

地主の相続 不動産・建築 2018年05月18日

Q.私は、地主さんから土地を借り、その上に建物を建て家族と住んでいます。先日、地主さんが亡くなり、長男さんから自分が相続したからこれから地代は自分宛支払ってほしいとと言われました。また、改めて賃貸借契約書を作り直したいと言われました。どうしたらよいでしょうか。なお、地主さんの相続人は、妻とお子さんが兄弟2人です。 A.地主さんが亡くなられ、相続人である...

近隣住民に私道を勝手に通行されている。通行料を請求することはできる? 不動産・建築 2018年03月15日

こんにちは。神奈川県横浜市の弁護士の市野裕明です。今回は、私道を勝手に通っている近隣住民に通行料を払わせることはできるか、というお話です。 いわゆる袋地の場合は、私道を通らないと、そもそも人や車の出入りができない構造になっていることもありますよね。このような場合は、法律の規定で、袋地の所有者に、私道を通行する権利が認められています。これに対して、私道の...

ページ
トップへ