ピンポンダッシュの犯人を現行犯逮捕できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年03月23日 20時29分

 アパートで真夜中のピンポンダッシュがあり困っております。私人逮捕の場合、ピンポンされた瞬間に扉を開け現行犯逮捕という形で大丈夫なのでしょうか?



(20代:男性)

匿名弁護士

     私人逮捕とは、刑事訴訟法213条に、現行犯人は、「何人でも」、逮捕状 なくしてこれを逮捕する事ができると規定されている事から認められているものです。

     現行犯逮捕の要件としては



    1. 現行犯人(あるいは準現行犯人)であること、及び

    2. 30万円以下の罰金、拘留、科料にあたる罪の場合(刑法では、過失傷害罪・侮辱罪)



    には、犯人の住居、氏名が明らかでなく、又は犯人が逃亡するおそれがあること(刑事訴訟法217条)です。



     今回の場合、ピンポンダッシュが犯罪行為であるかどうかが問題となります。この点に関しては、京都府警がピンポンダッシュをした少年を迷惑防止条例違反(押し掛け行為)で書類送検したという事例があるようです。

     したがって、相談者のお住まいの都道府県の迷惑防止条例に同様の規定があれば、今回のピンポンダッシュも犯罪行為であるという事が可能です。


     また、上記(2)に関しては犯人の住居、氏名が明らかでなく、又は犯人が逃亡するおそれがあるといえますので、問題は無いでしょう。

     したがって、相談者が今回ピンポンダッシュをしている人物を現行犯逮捕する事は一応可能であるといえます。


     しかし、上記要件に該当しないにもかかわらず逮捕した場合は、逮捕罪(刑法220条前段)に問われる可能性があることや、ピンポンダッシュが迷惑防止条例違反にあたるという判断自体、事例判断的要素もあり、一般人である相談者の判断のみで犯罪行為と判断する事にリスクがあることから、現行犯逮捕には踏み切らない方がよいでしょう。

     お近くの交番に相談されるか、行為を現認されたときに注意をする等の対応でよいでしょう。

2016年03月23日 20時29分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

隣家のカーポートの屋根材の飛来

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題) 2017年07月14日

当地に引っ越してきて2年になります。 隣家のカーポートの樹脂製の屋根材が老朽化し、強風時に砕けて自宅の方に飛んで来ることがあります。 飛散してくる屋根材は、尖っているものもあり、車やあるいは家人に当たり傷がついたり、怪我をするのではな...

賃貸アパートの水漏れの賠償請求はできるのでしょうか。

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題) 2017年07月13日

上の階から水漏れが発生し、大家さんに頼んで見てもらったのですが、原因は上の階の住人ではなく上の階の配水管のところらへんが老朽化していたようです。 家具などに被害はなかったのですが水浸しになった床や小物などの処理など、多少の被害を被りま...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題)に強い弁護士

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

ページ
トップへ