隣人が勝手に自分の土地を通行している。通行料を取りたい!

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年02月23日 01時46分

 土地の一部を昔から隣人が通行しています。勝手に除草剤をまいたり、花を切ったりしています。隣人の所有地の裏に市道が通っているため今後は裏の道路を使用してもらいたいと考えています。

 このような場合は、昔から通っていたことにより今後も通る権利が発生するんですか?もし、このまま通り続けるのなら、通行料、固定資産税など負担してもらえるのでしようか?



(40代:女性)

匿名弁護士

     まず、隣人の所有地は公道に通じているとのことですので、囲繞地通行権(民法210条1項)を根拠として相談者の土地を通行することはできません。

     そこで、隣人は通行地役権を根拠として相談者の土地を通行していることが考えられますが、通行地役権は当事者の合意によって設定されるものです(民法280条参照)。

     ですので、過去に相談者もしくは相談者の土地の過去の所有者と隣人との間で通行地役権設定につき合意がなければ、隣人は相談者の土地を通行することはできません。


     したがって、このような約束をしていないのであれば直ちに通行するのを止めるように要求するか、仮に通行するのであれば通行地役権を設定するので通行料を支払うよう要求されるとよいでしょう。



     なお、通行地役権時効により取得することも可能ですが(民法283条)、地役権に相当するものが「継続」かつ「表現」されている必要があります、例えば、その土地を道として利用していた者が自分で舗装して道路として使っている状況が外観上明らかであるというような事情が必要となります。

     今回も隣人が除草や剪定をするにとどまらずアスファルト舗装するなどの行為をしていた場合には、地役権を時効取得する可能性もあります。

2016年02月23日 01時46分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

マンションの規約を守らないオバサンを退去させることはできないんでしょうか。

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題) 2017年07月26日

ペット不可のマンションで犬と猫を飼ってるオバサンがいます。 以前にもこのオバサンはピアノ不可のマンションでピアノを弾いていたため管理会社に注意してもらったところ、オバサンが入居当初は特にピアノ不可ではなく、私が入居した頃から、契約書に...

隣家のカーポートの屋根材の飛来

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題) 2017年07月14日

当地に引っ越してきて2年になります。 隣家のカーポートの樹脂製の屋根材が老朽化し、強風時に砕けて自宅の方に飛んで来ることがあります。 飛散してくる屋根材は、尖っているものもあり、車やあるいは家人に当たり傷がついたり、怪我をするのではな...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題)に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

ページ
トップへ