隣家が天災で倒壊し被害が自宅に及んだ場合、修理費は請求できる?

Legalus編集部さん 2014年04月23日

 私の家の隣に、築50年以上の居宅があります。現在空き家で朽ちていて、台風が直撃すれば瓦や部材が飛散することは誰がみてもわかります。実際、平成4年の19号台風時にも飛散した部材が私の家の雨戸を突き破りガラスを割りました。


 その後、私の家は太陽光発電を備えた新築になり、隣家はまさに「朽ち果てた状態」です。太陽電池パネルでも壊れたら大変な金額になります。

 このような場合、被害が出たら修理費を請求できるのでしょうか?


(60代:女性)

関連Q&A

犬のおしっこ被害に困っています

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題) 2016年10月31日

どこかの犬が我が家の車に毎日2-3ヶ所おしっこをひっかけるので困っています。市販されている犬避けグッズや、ネットで紹介されている犬避けの方法も、一通り試しましたが、全く効果がありませんでした。保健所より渡された「ここで犬に糞・おしっこ...

被害届を出されました

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題) 2016年10月31日

先日、近所の方と私が所有しているバイクの音がうるさいとの事からトラブルが発生しました。(集合住宅にすんでいます) 内容は、私がその近所の方と直接、話をしようと近所の方の家に行き、そこで話がまとまらず両者熱くなっていたところ、もう私が帰...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     あなたの家が、台風などの災害時に、隣の家から飛散した部材等で被害を受けた場合、あなたは、土地工作物責任に基づき(民法第717条)、隣の家の所有者に修理費を請求することができます。



     土地工作物責任とは、土地の工作物の設置又は保存中に工作物が安全性を欠いており、その事により他人に損害を生じさせた者はその損害を賠償しなければならないというものです。

     あなたの隣の家が築50年以上の居宅であること、現在空き家で朽ちていること、以前にも台風に際し飛散した部材があなたの家に損害を生じさせたことなどからすると、あなたの隣の家は、保存中に工作物(家)が安全性を欠いている状態にある、と言えるでしょう。


     そして、台風などの自然力と相まって隣の家の部材が飛散したとしても、一般的には、工作物(家)が安全性を欠いていることが認定される以上、その所有者は責任を負うことになります。


     過去の例としては、暴風雨の中を通行中、石垣が崩壊し、圧死した事例で、その石垣は、劣悪な石材を石灰モルタルで膠着したものであり、長年にわたって風雨に曝され石材が摩滅し、モルタルは風化して暴風雨にあえば崩壊すべき状態であったときは保存上の安全性を欠いている、として、土地工作物責任を認めた判例があります(東京控訴院判決大正2年5月13日)。

2014年04月23日

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題)に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ