家に張り紙や落書きされたときの法的対抗手段は?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月21日 00時59分

 私は現在、叔父から借りている家に住んでいます。半年の間に2回、張り紙や落書きされて困っています。調べてみると、その人は叔父にお金を貸している人でした。張り紙の内容は、金返せ、誰の金で飯食ってると思ってるんだ、詐欺罪で訴えるぞ、など取り立ての内容です。タイルには、油性マジックで金返せと書いてありました。張り紙は取ればいいことですが、タイルに書かれたものは消えません。
 この場合、法的にどのように対処したらよいのでしょうか?


(30代前半:男性)

匿名弁護士

 家に張り紙や落書きをされた場合の法的対抗手段としては、



  1. 張り紙や落書きをされたこと自体に対する責任の追及


と、


  1. 張り紙や落書きの内容に対する責任の追及

が考えられます。


 まず、「1. 張り紙や落書きをされたこと自体に対する責任の追及」についてですが、張り紙や落書きの撤去に費用がかかった場合には、不法行為が成立し(損害賠償を請求することができると思われます。

 また、家の壁や窓ガラスなどに落書きがされたために、その効用(使用価値)が害された場合には、建造物損壊罪刑法260条)あるいは器物損壊罪軽犯罪法1条33号)。



 次に、「2. 張り紙や落書きの内容に対する責任の追及」ですが、張り紙や落書きによって精神的苦痛を受けた場合には、不法行為が成立し( もっとも、張り紙や落書きの内容があなたの叔父を名宛人として行っている場合には、叔父が損害賠償請求の主体となります。必ずしも叔父を名宛人としておらず、世間の人から見ればその家に住んでいるあなたに請求していると考えられる場合には、あなたも損害賠償を請求することができます。


 さらに、張り紙や落書きの内容によっては、名誉毀損罪刑法231条)が成立する場合があります。

2015年04月21日 00時59分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

近隣のブロック塀を壊してしまいました。

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題) 2018年01月15日

初めて相談します。 近隣のブロック塀を壊してしまいました。 それについてはこちらで修理すると言うことで話が付いています。 ところが、工事発注先よりそのブロック塀と同じブロックが見つからないため 別の似たブロックでも大丈夫かどうか確認を...

道を隔てた反対側にオープンした居酒屋。入り口のドアを開けっ放しで営業するので、煩くてしかたありません。

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題) 2017年12月04日

道を隔てた反対側に先月居酒屋がオープンしました。 その居酒屋は近所の学生をターゲットにした格安が売りの居酒屋です。 学生相手のため唯でさえ大騒ぎなのですがその店は入り口のドアを開けっ放しで営業しており夜中にも関らず大声が響き渡っていま...

家が少し道路にはみ出しているのですが、無断で家が削られようとしています!

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題) 2017年11月29日

祖母の貸している家が少し道路にはみ出している(前に住んでいた人が十年以上前に台所を広くする工事をしています)からと、今まで十年以上何も言わなかった、道路の利用者が、勝手に建設会社に祖母の貸している家を削る工事を頼もうとしています、貸し...

もうここ数年、隣の奥さんから執拗な嫌がらせが続いています。どう解決したらよいでしょうか?

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題) 2017年11月29日

もうここ数年、隣の奥さんから執拗な嫌がらせが続いています。 昨日のことですが私が買い物から帰ると、隣の家の台所の小窓に2枚の写真が貼り付けてありました。 気にせず家に入ろうとしたのですが写真に車が写っていたのがチラッと見えたのでよく見...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

近隣トラブル(騒音・日照・悪臭・ペット問題)に強い弁護士

【初回法律相談料無料】まずはお気軽にご相談ください。じっくりお話しをお聞きし、最適な解決案をご案内いたします。

【弁護士携帯070-2627-6876。LINE:bengoshisaito】示談・不倫・離婚男女問題実績多数...

【初回相談無料】【ご相談予約メール24時間受付中】【銀座C6出口徒歩0分】【有楽町駅徒歩3分】経験豊富な弁護士...

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。

【関内駅徒歩1分】【初回相談無料】【土日祝日・夜間相談可】【24時間相談メール可】【現・法政大学兼任教員】全て...

ページ
トップへ