手抜きリフォーム、許せない!

Legalus編集部さん 2015年07月17日

 ある業者に、リフォームを頼みました。20畳のリビングに壁を作り、6畳間を作ってもらいました。

 1年経って気づいたのですが、その壁を押すと、少し動くのです。天井と壁の間に少し、空間がみてとれるほどです。
 業者に苦情をいうと、1年も経って言われても困る。そういうものだから、仕方がない。有料なら何とかするといわれました。
 素人から見ても手抜き工事なのに、我慢しなければならないのでしょうか。



(30代:女性)

関連Q&A

借地上の建物をリフォームし貸したいのですが

新築・リフォーム 2017年01月18日

名古屋に住む父が亡くなって、私はその場所に住めないので、父の家をリフォームして人に貸したいのですが、この場合、土地所有者の同意は必要でしょうか?また、同意されない場合、相続した借地権はどうのようにすればよいでしょうか? 今わかっている...

店舗併用住宅(店舗貸出中)のリフォームの際の休業補償等について教えてください

新築・リフォーム 2017年01月14日

TENと申します、よろしくお願いいたします。 現在築60年以上の店舗併用住宅に住み、老朽化(壁面の損傷、複数の雨漏り等)のため大規模リフォームまたは新築を検討しています。 店舗部分を現在貸し出している状態です。 リフォームを行った場合...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     最近、リフォームブームのせいか、トラブルが多く発生しているようです。

     リフォームは、工務店などの業者と請負契約に基づき行われることが普通です。

     そして、請負契約の場合、目的物に瑕疵(不具合)があるような時は、引渡しから1年間、修補するように請求したり、損害賠償を請求したりすることができます(民法634条637条)。



     したがって、あなたの場合も、リフォームの後、1年以内なら、上記のような理由で、壁が動かないよう、修理を求めることができたことになります。


     ただ、固定すべきところを固定していない、契約と異なる資材が使用されているなど、請負の仕事それ自体を完成していないようなケースであれば、請負契約の不履行を理由に、損害賠償を求めることができます(民法415条)。債務不履行に基づく損害賠償請求権は、10年間、時効消滅することはありませんので、あなたのケースでも請求できる可能性があります。また、そもそも請負契約を解除し、元の状態に戻すことを請求することも可能です。


     また、壁が動くことで、生活に支障をきたしているような場合は、業者に対し不法行為に基づく損害賠償責任(民法709条)を追及することが可能です。


     交渉がうなくいかない場合は、裁判所の調停を利用してみてはいかがでしょうか。
     相手が地域の業者の場合なら、第三者を交えた話し合いで解決できる場合が多いでしょう。

2015年07月17日

新築・リフォームに強い弁護士

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ