手抜きリフォーム、許せない!

User image 1 Legalus編集部さん 2015年07月17日

 ある業者に、リフォームを頼みました。20畳のリビングに壁を作り、6畳間を作ってもらいました。

 1年経って気づいたのですが、その壁を押すと、少し動くのです。天井と壁の間に少し、空間がみてとれるほどです。
 業者に苦情をいうと、1年も経って言われても困る。そういうものだから、仕方がない。有料なら何とかするといわれました。
 素人から見ても手抜き工事なのに、我慢しなければならないのでしょうか。



(30代:女性)

関連Q&A

施主である私に何の確認もなく工事をされた場合でも、支払わなければならないのでしょうか?

新築・リフォーム 2017年04月29日

今年に入り、住宅を新築致しました。土地・建物、住宅ローン共に名義は妻である私のものです。ハウスメーカーとはカーテン照明等の設備込みで契約をしました。先日、とある電気工事業者より請求書が届きました。新築した我が家の照明設備等の代金だそう...

店舗建設で契約書の記載とは違う明らかに性能の劣るエアコンを設置されてしまいました

新築・リフォーム 2017年04月26日

建築完了時には気付かずに代金を払ってから発覚し、交換を求めた所交換の意思があると言いつつ1年近く何もしませんでした。 あまりに酷かったので期日を設定しお金を払ってもらう事を了承してもらいました(録音してます) 期日が来ても連絡一つ無い...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     最近、リフォームブームのせいか、トラブルが多く発生しているようです。

     リフォームは、工務店などの業者と請負契約に基づき行われることが普通です。

     そして、請負契約の場合、目的物に瑕疵(不具合)があるような時は、引渡しから1年間、修補するように請求したり、損害賠償を請求したりすることができます(民法634条637条)。



     したがって、あなたの場合も、リフォームの後、1年以内なら、上記のような理由で、壁が動かないよう、修理を求めることができたことになります。


     ただ、固定すべきところを固定していない、契約と異なる資材が使用されているなど、請負の仕事それ自体を完成していないようなケースであれば、請負契約の不履行を理由に、損害賠償を求めることができます(民法415条)。債務不履行に基づく損害賠償請求権は、10年間、時効消滅することはありませんので、あなたのケースでも請求できる可能性があります。また、そもそも請負契約を解除し、元の状態に戻すことを請求することも可能です。


     また、壁が動くことで、生活に支障をきたしているような場合は、業者に対し不法行為に基づく損害賠償責任(民法709条)を追及することが可能です。


     交渉がうなくいかない場合は、裁判所の調停を利用してみてはいかがでしょうか。
     相手が地域の業者の場合なら、第三者を交えた話し合いで解決できる場合が多いでしょう。

2015年07月17日

新築・リフォームに強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ