新築建設工事に伴う隣家からの苦情

User image 1 Legalus編集部さん 2014年05月20日

 16年住んだ古屋を、鉄筋3階建ての新築に建替える運びになり、現在工事中です。
 隣家とは仲良くお付き合してきましたので、「工事にあたりご迷惑をおかけします」と挨拶に伺ったところ、「お互いさまだから」という言葉を頂き、安心していました。
 ところが、工事が始まるや、「振動で瓦がずれる可能性があるので専門家に診せる」「排水にコンクリを流している」、はてはトイレの位置にも文句をつけられる始末です。
 トイレについては今後のこともあるので位置を変えたりして、こちらもできる限り対応してきました。しかし、瓦まで点検する必要があるのでしょうか?
 今後、どのような関係になるのかと思うと、憂鬱でたまりません。対応の仕方をアドバイスしてください。

(30代:女性)

関連Q&A

リフォーム前に業者様から説明を受けなかった、事案に対しての請求は可能でしょうか?

新築・リフォーム 2017年03月25日

【経緯】 両親が5年前に、家のリフォームで屋根交換、外壁改修、床下地材交換(シロアリ被害の為)、シロアリ防虫・駆除工事を行いました。 5年後、シロアリ防虫工事の見積と点検時に、床下地材に断熱材が無く、床下の換気が悪いために床下地材がカ...

賃貸借契約の内装工事トラブルです

新築・リフォーム 2017年03月22日

先日店舗の賃貸借契約を締結し鍵の受渡しを完了し改装工事の打ち合わせを貸主、仲介業者(貸主指定)と3者で行い「契約書の記載通り書面で工事の申請ののち工事を行うように!」と貸主より申し受けたので仲介業者に手違いが有ってはいけないので、工事...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     建築物を建てる場合は、建築基準法に基づき、建築確認書を提出して確認を受けなければ工事を開始できない建前となっています。
     そして、法律や条令の規定を守って建てられるものである限り、それに注文をつけたり差止めを行ったりする権利は、誰にもありません。

     もちろん、正当な権利の行使であっても、公共の福祉憲法12条13条、また民法1条)による制限は受けます。権利さえあれば何をしてもよい、というわけではありません。
     建物自体は適法な構造であっても、たとえば建築工事の方法、建物の使用態様が近隣の人々の受忍限度を著しく超えるような場合には、行政機関によって指導や差止めが行われることがあります
     しかし、そのような場合であっても、強制力の行使が許される受忍限度の基準は厳しいのが現実なのです。
     工事中の現場も、そこにはあなたの所有権が及んでいるのですから、無断の立ち入りは許されません。隣家が工事の方法や家の間取りについて何を言おうと勝手ですが、そのような私人の行為に法的強制力がないことも、いうまでもありません。

     今までのお付き合いから、隣家には礼儀正しくしてこられたようですが、相手の言いなりにトイレの位置まで変更するという対応の仕方が本当に適切であったのか、この際よく考えてみる必要があります。
     主張すべきことは主張しないと、かえって相手の誤解を招くこともあります。今後は毅然とした態度を取ること、また、後日のため、隣家とのやり取りを記録しておかれることをお勧めします。

2014年05月20日

新築・リフォームに強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ