法律コラム

不動産賃貸

Section banner real estate

不動産・建築

コロナを理由に賃料の減額を求められた場合、賃貸人はどう対処すべき? 不動産賃貸 2021年06月15日

新型コロナウイルス感染症の影響で、経営が悪化する店舗が増えています。それに伴い、店舗建物の賃貸人が、賃借人から賃料の減額を求められる事態も頻発しています。 賃貸人としては、交渉の手間などを考えると、賃料の減額要請に応じるかどうか悩ましいところでしょう。 加えて賃貸人は、賃借人が借地借家法上の「借賃増減請求権」を行使した場合の結果にも留意したうえで、交渉...

コロナを理由に賃料の減額を求められた場合、賃貸人はどう対処すべき?
判例のルールを明確化|賃貸借に関する民法改正の内容を解説 不動産賃貸 2020年12月11日

賃貸借は、住居・店舗・オフィスなどを対象として、私たちが日常的に接する契約の一つです。 2020年4月1日に施行された新民法では、従来の賃貸借に関するルールが精緻化され、条文が非常に分かりやすくなりました。 賃貸借については、これまで判例法理によって多くの論点がカバーされていましたが、今後は条文上の処理で解決できる問題が増えるでしょう。 この記事では、...

判例のルールを明確化|賃貸借に関する民法改正の内容を解説
【弁護士に聞く】借主に家賃増額の交渉をするときのポイント 不動産賃貸 2018年09月05日

賃貸アパート、マンションの経営は、きわめて長期的に取り組むビジネスとなるのが普通です。小さなアパートにしても一度建てたら、おそらくは何十年も貸し続けることになるはずです。 ところで借主の受け入れを開始して数年、あるいは10年以上経つと家賃を値上げしたくなることがあるものです。しかし借主が素直に受け入れてくれるとは限りません。家賃の増額はどのようなときに...

【弁護士に聞く】借主に家賃増額の交渉をするときのポイント
【弁護士に聞く】賃貸住宅で立ち退きを迫られたときの対策とは 不動産賃貸 2018年08月29日

店舗や事務所、アパート、マンションを借りていると、家主から突然、立ち退きを要求されることがあります。 いきなり出て行ってほしいといわれても、そう簡単に応じるわけにはいきません。期日をはじめ、条件について交渉する余地はないのでしょうか? お金を受け取れるとしたら、どれくらい受け取れるチャンスがあるのでしょうか? 今回はこれらの疑問に関して、目黒・白金法律...

【弁護士に聞く】賃貸住宅で立ち退きを迫られたときの対策とは
【弁護士に聞く】家賃を払えない、滞納した…そんな相談に対してできること 不動産賃貸 2018年08月22日

賃貸住宅の経営において、家賃をきちんと払ってくれない借主は非常に困った存在です。 すぐに払ってくれるなら問題はないかもしれませんが、放置しておくと経営に深刻なダメージをもたらす恐れがあります。 滞納されている家賃を漏れなく回収するにはどうすればいいのでしょうか? 部屋から出て行ってもらいたくなったら、どうすればいいのでしょうか? 今回はこれらの疑問に関...

【弁護士に聞く】家賃を払えない、滞納した…そんな相談に対してできること
期間限定で家を貸したい!定期借家契約のすすめと留意点 不動産賃貸 2017年04月04日

通常の借家契約において、大家さんは、期間の定めがある場合には更新拒絶をすることができますし、期間の定めがない場合には解約申入れをすることができます(借地借家法26条、27条)。 しかし、大家さんがその建物を使用することが必要だという事情や立退料の支払等々を考慮して、大家さんに正当な事由がなければ、更新拒絶や解約申入れは認められません(28条)。 そして...

期間限定で家を貸したい!定期借家契約のすすめと留意点
家主が値上げした金額でないと家賃を受け取らない!ー供託手続きの方法と流れー 不動産賃貸 2017年03月27日

大家さんが、いきなり借家人に家賃の値上げを通告してきて、値上げした家賃を支払わなければ、賃貸借契約を解除するとまで言ってくることがあります。 この場合、大家さんの言いなりに値上がりした家賃を支払わなければならないのでしょうか。そうでなければ、契約が解除されて追い出されてしまうのでしょうか。 そのような事態を回避するための方法を考えてみましょう。 家賃の...

家主が値上げした金額でないと家賃を受け取らない!ー供託手続きの方法と流れー
連帯保証人に滞納家賃を請求したら署名・押印は偽造と主張された。連帯保証契約は有効? 不動産賃貸 2017年02月21日

連帯保証契約をしたところ、連帯保証人側が、その契約書に署名をしたり押印したことはないとか、債務者に印鑑を預けたことはあるけれども別目的で預けたのであって、連帯保証人となることなどまったく知らなかったと主張されることがあります。 アパート経営をしているAさんが、家賃をしばしば踏み倒された苦い経験から、Bさんと賃貸借契約をするにあたって、Bさんにしかるべき...

 連帯保証人に滞納家賃を請求したら署名・押印は偽造と主張された。連帯保証契約は有効?
駐車場への無断駐車、法的に可能な対処法とは? 不動産賃貸 2017年05月02日

最近はコインパーキングが増えています。コインパーキングにおいては、車をロックする装置があり、また使用料金を精算することによって、ロックが外れることになっていますので、そこで無断駐車が起こる可能性はほぼないといってよいでしょう。 しかし、更地をそのままの状態にして月極駐車場としている場合(月ぎめで契約車両以外は使用することのできない駐車場です)や、マンシ...

駐車場への無断駐車、法的に可能な対処法とは?
シェアオフィス、レンタルオフィスに借地借家法は適用される? 不動産賃貸 2017年01月30日

最近、シェアオフィス(レンタルオフィス)が人気となっています。シェアオフィスとは、法的な定義があるものではないのですが、一般的には、会社などの事業者が自分専用でオフィスを使用するのではなくて、複数の事業者で同一のオフィスを共有するものをいいます。 もちろんそこではオーナーと事業者との間で契約が締結されるのですが、その契約の性質が建物賃貸借契約なのか、そ...

シェアオフィス、レンタルオフィスに借地借家法は適用される?