弁護士コラム

不動産賃貸

Section banner real estate

不動産・建築

【貸主側】賃貸借契約を解除するには?③通知書の送り方 不動産賃貸 2017年08月24日

通知書が完成したら、賃借人に対し、通知書を送ることになります。 この送り方にも注意が必要です。 記録化という点に注目した場合、郵便物の送り方には、大きく分けて4つの方法があります。 ①普通郵便での送付、②特定記録での送付、③簡易書留郵便での送付、④内容証明郵便での送付です。 ①普通郵便での送付 封筒に切手を貼って、郵便ポストなどから発送する方法です。 ...

【貸主側】賃貸借契約を解除するには?②通知書の記載内容 不動産賃貸 2017年07月28日

滞納賃料の額が計算できたら、賃借人に対し、通知を作ることになります。 この通知の記載内容として重要なのは、①契約内容を特定すること、②入金期限を明示すること、③期限までに支払いがない場合に解除する旨を明示すること、です。 ①契約内容の特定 貸している物件の不動産登記事項証明書を参考に (a)対象物件の情報を記載し、賃貸借契約書を参考に(b)賃料等の金額...

【貸主側】賃貸借契約を解除するには?①滞納賃料の計算 不動産賃貸 2017年07月20日

ポイント ①賃貸借契約書や通帳などの客観的な資料を元に、滞納額を計算! ②賃料の一部の支払いも見落とさない! 賃料滞納を理由とする賃貸借契約の解除は、滞納賃料額の計算からはじまります。 この計算上の注意点は、必ず客観的な資料を確認するということです。 1か月の賃料については賃貸借契約書を、滞納期間については振込口座の通帳や台帳を確認するようにしましょう...

不動産賃貸に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

【初回相談無料】地元の奈良において、気軽に相談ができる、かかりつけの医者のような 弁護士でありたいと考えており...

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

ページ
トップへ