家賃を滞納した場合「連帯保証人に請求して下さい」と、借家人から大家さん(管理会社)に頼んでもいいの?

User image 1 lu_7864fc74さん 2020年04月29日 16時35分

現在飲食店を営んでおります。
この度の新型コロナウィルスの影響を受け、家賃の支払いができない状況となっています。
家主さんには家賃交渉に応じてもらえませんでした。
家賃20万円ほどのテナントですが、保証金を80万円支払っているので、しばらくそこから家賃を補填してもらいたいと思っています。
また、もともと6か月後にはお店を閉めて、この物件を店内の什器や内装はそのまま残して別の人にスライドで譲る話がありました。
その場合、私は修繕費などかからずそのまま出ることができます。スライドで移すことが出来なければ修繕費が何十万円もかかってしまうので、予定通り6か月間は踏ん張りたいのですが、保証金を家賃に当てたとしても4か月しかもちません。
次の人は6か月後以降しか引き受けができない状況なので時期を早めてもらうこともできません。
最悪の場合、残り2か月分の家賃を滞納して、次の人に物件を渡すことになりそうです。
そのタイミングで賃貸契約自体は私は解約し、次の人が契約し直すので、強制退去などについては問題ないと思うのですが、滞納となった2か月分の家賃を私がずっと支払えそうもない場合は、ひとまず連帯保証人に家賃の滞納分を請求してもらいたいと思っています。
情けないですが他の支払いにも追われており、しばらく家賃を支払える目処が立たないので、管理会社にもそう話そうと思っています。
契約からは8年経っており、連帯保証人の住所は当時と変わっていてわかりません。職場も変わっていますがこれはわかります。電話番号や実家の住所も知っていますし支払い能力もある人です。
保証金が底をついたらそちらに連絡して欲しいと管理会社に言うつもりです。
人に迷惑をかけるのは良くないのですが、生活もあり面倒を見ないといけない家族もいるので、生きていくには連帯保証人がひとまず肩代わりしてくれるならとても助かるのです。
法律上、そのような場合どうなるのかお聞きしたくご相談致しました。
ご回答よろしくお願いします。

家賃の減額は、現在の社会情勢からみて可能に思われますね。
また、連帯保証人に会って、委細を話して、立替をお願いし
たほうがいいでしょう。
立替金の支払い見通しや、支払方法も、話し合っておいたほ
うがいいでしょう。

2020年04月29日 18時52分

1.現行法(厳密には、3月以前の改正前民法)によれば、連帯保証人に請求するか否かは債権者の判断であり、賃借人から「連帯保証人に請求してください。」という権利があるわけではありません。ただ、賃借人からの滞納が続いた場合、おそらく連帯保証人に請求する可能性が高いでしょう。
また、突然連帯保証人に高額な請求がなされると、連帯保証人としても対応に苦慮する可能性があるとともに、トラブルが生じる可能性もあるため、連帯保証人にも今後の見通しについてあらかじめ説明しておいた方でしょう。

2.コロナ休業に関する賃料問題に関し、現時点では、①与党側は無利子・無担保融資及び国による助成金の交付を軸とする方針とされるのに対し、②4月28日に野党からは、事業者の店舗等に関し、日本政策金融公庫等の政府系金融機関がいったん肩代わりした後に支払いを猶予するなどの賃料支払猶予法案を提出しています。今後の与野党間の協議にもよりますが、新たな特例法や助成金等の制度ができる可能性があります。
 そのため、賃料問題に関する最新の政治・立法情勢についても、ご留意いただく必要があるでしょう。

2020年04月29日 19時41分
取扱分野
離婚・男女 犯罪・刑事事件 借金・債務整理

保証金から賃料が充当されるような状況であれば、どこかのタイミングで貸主から契約解除の通知がきてもおかしくはありません。保証金相当額まで滞納額が積み重なる前に、早い段階で貸主側と今後の見通しを伝えておくべきです。目安としては2カ月以上滞納が重なると貸主が解除を求めてくることが多いです。
また、4カ月経過前に滞納が発生した時点で連帯保証人にも請求がいく可能性もあります。連帯保証人にも早めに話を通しておくべきでしょう。
今後の事業計画や物件の引継ぎをスムーズに進ませるため、また、債務を拡大し生活を保持するためにも早い段階で弁護士に相談していくべきと思います。

2020年05月06日 02時54分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

親族に直接住居を貸す場合の注意点は?

不動産賃貸 2021年06月05日

2世帯の戸建て住宅を所有していますが、1世帯は自身で居住、もう1世帯は空室となっています。この度、孫に直接安価に貸し与えたいのですが、不要なトラブルを避けるため、口約束でなく書面を交わしておいたほうが良いと考えています。その際の注意点...

事業用定期借地権の契約更新における空白期間について

不動産賃貸 2021年05月27日

現在、事業用定期借地権での契約で事業者に事業用地の貸し付けを行っています。 このたび契約期間が満了となりますが、事業者から契約の更新(再契約)のご希望があり、当方も契約の更新を希望していたため公正証書により再契約をすることとなりました...

入居者から雨漏りの報告の放置による家屋価値劣化に対する善意管理義務責任

不動産賃貸 2021年04月26日

転勤で自宅を賃貸借しています、10年近く貸していた入居者が転出した際、4〜5年前に二階で雨漏りがありシミが出ていたが床迄水が落ちて来る程で無かっので言わ無かっとの事でした。 家には火災保険を付保してますが、時効3年で風災申請も出来ませ...

立ち退き料について

不動産賃貸 2021年03月30日

ビルテナントの開業歯科医院ですが、1年後にビル建て替えのため退去を申し渡されています。30年余り普通借家契約でしたが、4年前の更新時にオーナーの要望に応じて定期借家契約に変更した経緯があります。法律上、立ち退き料が発生しないのは承知し...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する