親族間での家の貸し借り、リフォーム代は誰負担?

Legalus編集部さん 2014年10月01日

 父の所有権の家に、兄夫婦が賃貸料無料で住んでいます。同居ではないのですが、折り合いが悪く家を出ていくと言い出しました。8年近く住んでいる間に、父に無断で壁紙を変えたり、ソーラーパネルなどを設置したりしてまだそのローンがあるようなのですが、相手側がリフォーム代を請求してきた場合、両親に支払義務はあるのでしょうか?



(30代:女性)

関連Q&A

無期限で物件を貸し、返してほしいのですが…

不動産賃貸 2017年01月20日

国外に10年程出ていて、帰ってくるめどが、つい一年ぐらい前まで立っていませんでした。 なので不動産屋を通じて所有しているアパートを無期限で貸しています。 契約は2年ごとに更新です。 不動産屋にそろそろ日本に帰ってくるので返してもらえる...

二世帯住宅の一世帯分を貸すことは可能でしょうか。

不動産賃貸 2017年01月20日

次の状況の二世帯住宅で暮らしています。 ・土地は実父名義 ・建物は、完全二世帯住宅、自分と実父で別々の名義 (二階の半分と三階が自分の名義) ・自分の家のローンは返済中 ・家屋分の固定資産税は滞納なし 上記の場合、実父の許可なく自分の...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、リフォーム会社が相談者の両親にリフォーム代金を請求してくることはありません。なぜなら、当該リフォームの契約は相談者の兄夫婦とリフォーム会社の間で締結されたものであり、相談者の父親は建物の所有者であったとしても当該契約とは関係がないからです。
    しかしながら、以下で述べる通り兄夫婦から父親にリフォーム代金が請求される可能性があります。
    今回の場合、相談者の父親と兄夫婦との間には使用貸借契約が締結されていると考えられます(最判昭和47年7月18日)。
    この使用貸借契約における投下資本の回収については民法595条に定められています。これによると、小修繕費の費用や公租公課などの通常の必要費は借主負担(同1項)となっています。他方、非常の必要費や有益費については貸主負担となります(同2項、583条2項)。非常必要費とは台風・水害によって生じた必要やむを得ない家屋修繕費のことです。また、有益費とは土地改良費等のことです。

    今回のリフォーム代のうちソーラーパネルの設置は、父親所有の家屋の価値を増す物であると考えられるので有益費にあたると考えられます。したがって、兄夫婦がソーラーパネル設置費用を請求してきた場合、相談者の父親はそれを支払う必要があるでしょう。なお、兄夫婦からの請求は民法196条の規定に従って行われるので(583条2項参照)、相談者の父親はソーラーパネルの設置費用か、その設置によって増加した増加額のどちらかを選択して返還することになります(196条2項本文)。

    他方、壁紙に関しては借主の原状回復を求めることができるでしょう(598条参照)。

2014年10月01日

不動産賃貸に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ