無償で貸している土地から立ち退いてもらうにはどうしたらよい?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 無償で土地を貸している場合、何年前に言えば返してもらえますか。その場合立ち退き料金が発生しますか。



(40代:女性)

関連Q&A

賃貸アパートの設備について

不動産賃貸 2017年01月13日

現在住んでいるアパートの部屋は一階で、窓のすぐ横を人がよく通ったりして目が合ったりしてしまいます。窓をすりガラスなどに変えたいのですが、こちらは家主さん負担などにはならないでしょうか? もう一つあるのですが、この部屋にはエアコンがつい...

マンション管理人とのトラブル(専有部分への立ち入り)

不動産賃貸 2017年01月12日

教えて下さい。 状況は大規模補修工事中の古いマンション(分譲)に一年前より賃貸で入居している子供1人の3人家族です。 外装補修に伴いサッシガラスのコーキングのやり直しが先日行われました。 現場監督さんやガラス業者さんが入室して補修され...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     無償で土地を貸している場合、使用貸借契約民法593条)という契約形態になります。なぜなら、賃貸借契約では賃料を定めることが法律で定められているからです(民法601条参照)。ですので、今回の土地の貸借に関して借地借家法は適用されません。



     使用貸借の契約の終了に関しては、民法597条で以下の様に定められています。




    1. 存続期間を定めた場合→期間の満了により終了(1項)

    2. 存続期間を定めなかった場合→使用貸借の目的を達した時に終了(2項本文)

    3. 使用貸借の目的(使用収益)を達していない時でも、使用収益をするのに足りる期間が経過した時に終了(2項但書)

    4. 返還の期間や使用貸借の目的を定めなかった場合→いつでも返還を請求可能(3項)



     相談文からは今回の使用貸借がどのような契約内容であるかは定かではありませんので、上記4つの場合のどれに該当するかを検討してみてください。

     また、返還を求めるに際して法律上立ち退き料が必要ということはありません。(賃貸借契約の場合、立退料を支払ったということが立ち退きを求める正当理由の一つとして考慮されるということはあります。)

2014年01月07日

不動産賃貸に強い弁護士

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ