借地権が取り上げられる場合とは。

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 借地権付きの一戸建てに住んでいます。

 地代を滞納し続けると借地権を取り上げられてしまう事はあるのでしょうか?



(40代:男性)

関連Q&A

賃貸アパートの階段が急で階段から落ちて骨折

不動産賃貸 2016年12月04日

先日、賃貸しているアパートの階段から転げ落ちて骨折して現在、入院しています。 階段がきゅうで、足を滑らせてしまい2階から1階まで転げ落ちてしまいました。 このアパートには、昨年入居したばかりなのですが、退院してまた同じ部屋に住むのは怖...

重要事項説明書の記載事項と賃貸借契約書の相違について(宅地建物取引業法)

不動産賃貸 2016年11月21日

建物賃貸借の場合における重要事項説明書において契約の更新に関する条件がいくつか記載されているのですが、賃貸借契約書には、当該条件のうち一部しか記載されておりません。 重要事項説明書の記載と賃貸借契約書の記載に相違が生じてしまっているわ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     地代を滞納し続けると、賃料不払い(債務不履行)を理由に、土地の賃貸借契約が解除されてしまいます。賃貸借契約が解除されてしまうと、土地の上に建物を建てて暮らす権限がなくなりますから、地主から建物収去土地明渡訴訟という裁判を起こされると、建物を撤去して立ち退かなければならなくなります。



     借地権とは、建物の所有を目的とする地上権または土地の賃借権をいいます(借地借家法2条1号)。

     借地権は借地借家法によって(1)対抗力の保障、(2)存続期間の保障や(3)譲渡性の保障が図られ、法的に手厚く保護されているといえます。しかし、土地賃料を支払わないなどの債務不履行をした場合にまで保護されるものではありません。この場合には先に述べたように土地賃貸借契約が債務不履行解除されてしまいます。



     また、本件の様に建物所有目的で土地を借りたときに、期間満了時に更新されなかった場合(借地借家法13条)や地上建物を第三者が取得したことに伴う借地権の譲渡・転貸につき借地権設定者が承諾を拒絶した場合(同法14条)には、地主に建物を買い取るように請求できるのですが、借地権者の債務不履行によって借地契約が解除され、借地権が消滅した場合にはこの請求はできません(最判昭和33年4月8日)。

2014年01月07日

不動産賃貸に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ