以前借りていた物件に置きっぱなしの荷物を勝手に処分された!

Legalus編集部さん 2015年04月15日

 オーバーステイで、入管に収容中の婚約者がいます。彼は、店舗兼住居として借りていた賃貸物件で修理工場を経営していましたが、収容されてしまったことから家賃が支払えず家主に契約を解除されてしまいました。そして、今年の5月にその賃貸物件を契約した人達が、その場所に残されていた彼の車十台ほどと工具類を売ってしまいました。彼らの言い分は、家主が売れる物は売って代金はもらってもよいと言ったからそうしたというものです。警察に相談にいきましたが、民事になると言われました。弁償してもらえるのでしょうか?本人が入管に収容中でも、訴えることはできますか?



(40代:女性)

関連Q&A

重要事項説明書の記載事項と賃貸借契約書の相違について(宅地建物取引業法)

不動産賃貸 2016年11月21日

建物賃貸借の場合における重要事項説明書において契約の更新に関する条件がいくつか記載されているのですが、賃貸借契約書には、当該条件のうち一部しか記載されておりません。 重要事項説明書の記載と賃貸借契約書の記載に相違が生じてしまっているわ...

更新料が払えません。

不動産賃貸 2016年10月31日

3年前の10月に賃貸契約をして、2年更新だったので去年の10月に更新予定でしたが 私がお金を準備できずに現在まで4月現在まで更新が滞っています。 契約のときに書面で、更新は2年に一回でそのとき家賃の1か月分を支払うと書いてあり、 署名...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、相談者の婚約者は、賃借していた物件の賃貸借契約を解除されたことによって、当該物件を正当に使用する権限を失ってしまったことになります。そして、そのような権限が無いにも関わらず、自己の所有物を他人の土地や建物に置き続けることは不法占有行為になります。

     ですので、今回の場合相談者の婚約者は家主の所有物件に対して不法占有をしていたことになります。この場合、家主は相談者の婚約者に対して占有物を処分するよう求めることができます(これを物権的請求権といいます)。

     しかし、所有権が侵害されているからといって、その原因となる物を勝手に処分することは、原則として認められません。せいぜい、相談者の婚約者の持ち物を保管するための費用と持ち帰りを請求できるに過ぎないと考えられます。
    (不法占有物の処分に関しては、「無断で駐輪した自転車、勝手に処分して良い?」もご覧下さい。)



     したがって、今回家主が新たな賃借人に処分を認めた行為は(民事上)違法な行為だといえます。また、実際に他人(相談者の婚約者)の所有物を処分した新たな賃借人の行為も(民事上)違法な行為と言えるでしょう。
     ですので、相談者の婚約者としては、勝手に売られた自動車等の価格相当額を損害賠償請求することができます。これは、入管に収容されていたとしても請求することが可能です。

2015年04月15日

不動産賃貸に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ