以前借りていた物件に置きっぱなしの荷物を勝手に処分された!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月15日 02時53分

 オーバーステイで、入管に収容中の婚約者がいます。彼は、店舗兼住居として借りていた賃貸物件で修理工場を経営していましたが、収容されてしまったことから家賃が支払えず家主に契約を解除されてしまいました。そして、今年の5月にその賃貸物件を契約した人達が、その場所に残されていた彼の車十台ほどと工具類を売ってしまいました。彼らの言い分は、家主が売れる物は売って代金はもらってもよいと言ったからそうしたというものです。警察に相談にいきましたが、民事になると言われました。弁償してもらえるのでしょうか?本人が入管に収容中でも、訴えることはできますか?



(40代:女性)

匿名弁護士

 まず、相談者の婚約者は、賃借していた物件の賃貸借契約を解除されたことによって、当該物件を正当に使用する権限を失ってしまったことになります。そして、そのような権限が無いにも関わらず、自己の所有物を他人の土地や建物に置き続けることは不法占有行為になります。

 ですので、今回の場合相談者の婚約者は家主の所有物件に対して不法占有をしていたことになります。この場合、家主は相談者の婚約者に対して占有物を処分するよう求めることができます(これを物権的請求権といいます)。

 しかし、所有権が侵害されているからといって、その原因となる物を勝手に処分することは、原則として認められません。せいぜい、相談者の婚約者の持ち物を保管するための費用と持ち帰りを請求できるに過ぎないと考えられます。
(不法占有物の処分に関しては、「無断で駐輪した自転車、勝手に処分して良い?」もご覧下さい。)



 したがって、今回家主が新たな賃借人に処分を認めた行為は(民事上)違法な行為だといえます。また、実際に他人(相談者の婚約者)の所有物を処分した新たな賃借人の行為も(民事上)違法な行為と言えるでしょう。
 ですので、相談者の婚約者としては、勝手に売られた自動車等の価格相当額を損害賠償請求することができます。これは、入管に収容されていたとしても請求することが可能です。

2015年04月15日 02時53分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

39年間たった賃貸住宅の補修工事

不動産賃貸 2018年01月19日

昭和に建てられた賃貸住宅に新築時に入居し現在約39年ほどになり、今回、お風呂、洗面、排水ともに使用不可能となり管理会社を通じ大家さんに交渉して頂ましたが 修繕費がかさむというだけの理由で、今しばらく大家さんの返事が出るまで待ってほしい...

賃貸更新料を過払いしてしまっていた場合、返還請求は可能でしょうか

不動産賃貸 2018年01月10日

賃貸マンションに8年住んでいます。 居住3年目で仲介不動産屋さんが今の所になりました。 更新料支払いが2年ごとと賃貸契約書にあり、今の不動産屋さんからも居住4年目・6年目・つい最近8年目に更新料支払い依頼書が届きました。 その際、完全...

賃貸物件シャワー室の洗面台が落ち、左親指伸筋腱断裂

不動産賃貸 2018年01月10日

賃貸物件シャワー室の洗面台が落ち、妻の左親指伸筋腱断裂し、手術して入院しました。 元からひびが入っていて、まさか落ちてくるとは思いませんでした。 そのため、すぐに病院行って、三日目で手術をしてもらいました。 しかし、不動産屋と大家さん...

となりの部屋と家賃があまりに違うので、調停で家賃を減額請求したいです。

不動産賃貸 2017年12月21日

はじめまして、 私が今住んでいるアパートの家賃について相談させていただきたいと思います。 私は約7年前から住んでいて、 現在家賃を駐車場込みで52,000円払っています。 水道代は2ヶ月に1回なのでそれはいいのですが、 同じアパートで...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

不動産賃貸に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【初回相談無料】【夜間・土日祝・出張の相談可】悩み事が少しでも晴れますよう丁寧かつ誠実に対応します。

【心理カウンセラー資格取得】あなたの気持ちに寄り添う弁護士です。元営業マンで、聞き上手な弁護士が、最良の解決を...

【初回法律相談無料】【24時間メール相談受付可能】【法科大学院講師】弁護士としての経験は11年目。依頼者に寄り...

【桜木町から徒歩5分】弁護士ランキング上位。口コミでのご依頼も多数。弁護士費用もわかりやすく、リーズナブルにご...

【初回相談無料】【土日祝日夜間対応可】お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

ページ
トップへ