雨漏りによる家財道具の損害は全額賃貸人負担?

Legalus編集部さん 2016年01月27日

 当社保有の賃貸マンションが台風の際に雨漏りし、借主さんの家電等に被害が出ました。その場合貸主である当社に全額損害賠償する責任があるのでしょうか?



(40代:男性)

関連Q&A

賃貸アパートの階段が急で階段から落ちて骨折

不動産賃貸 2016年12月04日

先日、賃貸しているアパートの階段から転げ落ちて骨折して現在、入院しています。 階段がきゅうで、足を滑らせてしまい2階から1階まで転げ落ちてしまいました。 このアパートには、昨年入居したばかりなのですが、退院してまた同じ部屋に住むのは怖...

重要事項説明書の記載事項と賃貸借契約書の相違について(宅地建物取引業法)

不動産賃貸 2016年11月21日

建物賃貸借の場合における重要事項説明書において契約の更新に関する条件がいくつか記載されているのですが、賃貸借契約書には、当該条件のうち一部しか記載されておりません。 重要事項説明書の記載と賃貸借契約書の記載に相違が生じてしまっているわ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     当該雨漏りが、取引上において一般的に要求される程度の通常の注意を払っても知り得ない瑕疵(隠れた瑕疵)にあたるのであれば、相談者は賃貸人の瑕疵担保責任として当該雨漏りによる損害を賠償する必要があります(民法559条、561条以下参照)。

     なぜなら、賃貸人の瑕疵担保責任は「使用収益に適した状態に置く義務」の違反、すなわち債務不履行責任として把握されるからです。



     ただし、相談者が責任を負うのは当該雨漏りと因果関係のある家電等の損害についてのみです。この因果関係については、賃借人に立証責任がありますので、相手方に十分な説明を求めてよいでしょう。

     また、賃借人に、以前から雨漏りに気づいていたが賃貸人に告げていなかった等の不注意が認められる範囲において賠償額が減額されることもあります。

2016年01月27日

不動産賃貸に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ