家賃未納ですぐに退去しなければならない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年05月15日 21時54分

 知人のことなのですが、家賃を一ヶ月分滞納し、その10日後に「5日以内に支払わなければ、5日後に退去して下さい」と言われているそうです。知人は、月末まで待って欲しいと伝えたのですが、無理とのことだそうです。毎回ではないですが、二年の間に三度程滞納したようです。すぐに退去しなければならないでしょうか?



(30代:女性)

匿名弁護士

 貸主側は、家賃が未納だからといって、すぐさま実力行使をして賃借人を退去させることができるかというとそうではありません。むしろ実力行使をすることで住居侵入罪(刑法130条)や強要罪(刑法223条)などの可能性すらあります。だからといって、ずっと居座り続けられるわけではありません。

 家賃が未納ということであれば、賃貸借契約における義務を果たしていないことになりますので、家主側は、債務不履行による契約解除をすることができます(民法601条415条など参照)。ただ、家主側は解除をできるからといってすぐさま賃借人を追い出すことは事実上できません。

 これは、賃貸借契約が長期間にわたり契約関係が存続するため契約関係にある当事者の立場をできるだけ保護しようとすること、そして、住む所を奪うことで賃借人に著しく不利益な状況が生じてしまうことに配慮しているという点があります。



 解除ができる状態になった場合、おそらく家主側は次のような手順で立ち退きを迫るものと考えられます。

 まず、内容証明郵便などを用いて滞納家賃の督促などを行います(内容証明郵便が、仮に後ほど訴訟に発展した場合に証拠などとして重要になるため)。

 それでも退去しない場合は、家主側は債務不履行に基づく損害賠償請求として未納家賃などを請求するとともに、部屋の明け渡しを求めて裁判を起こすことになります。

 多くの場合、裁判に発展すると賃借人と家主側で滞納している家賃の支払い条件や退去時期などを詰めて、「和解(裁判の当事者同士での合意)」をすることになります。

 万が一、和解が成立しない場合は判決手続を経て、賃借人を退去させるための強制執行を行うことになります。こうなるといくつかの手続きを経て、執行官(裁判所の職員で、裁判で決まった手続きを執行する役目を負います。裁判所法62条執行官法1条など参照)が、賃借人が居座っている場所を訪れて、強制的に荷物を外に持ち出すということになります。



 このように家賃の未納を放っておくと最終的には強制的に住居を失うことになります。そのため、誠実に家主側と未納家賃の支払い条件について相談し、きちんと支払うことが必要になってきます。

2015年05月15日 21時54分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

賃借人を退去させる方法はありませんか?

不動産賃貸 2018年01月23日

四階建てのビルをテナントとして貸しています。 今回相談の対象者が三階と四階をテナントとして使用しています。 この対象者がクレーマーで困っています。 不景気なので家賃を下げろ、環境を良くしろとかことこまかくクレームをつけてきます。 退去...

39年間たった賃貸住宅の補修工事

不動産賃貸 2018年01月19日

昭和に建てられた賃貸住宅に新築時に入居し現在約39年ほどになり、今回、お風呂、洗面、排水ともに使用不可能となり管理会社を通じ大家さんに交渉して頂ましたが 修繕費がかさむというだけの理由で、今しばらく大家さんの返事が出るまで待ってほしい...

賃貸更新料を過払いしてしまっていた場合、返還請求は可能でしょうか

不動産賃貸 2018年01月10日

賃貸マンションに8年住んでいます。 居住3年目で仲介不動産屋さんが今の所になりました。 更新料支払いが2年ごとと賃貸契約書にあり、今の不動産屋さんからも居住4年目・6年目・つい最近8年目に更新料支払い依頼書が届きました。 その際、完全...

賃貸物件シャワー室の洗面台が落ち、左親指伸筋腱断裂

不動産賃貸 2018年01月10日

賃貸物件シャワー室の洗面台が落ち、妻の左親指伸筋腱断裂し、手術して入院しました。 元からひびが入っていて、まさか落ちてくるとは思いませんでした。 そのため、すぐに病院行って、三日目で手術をしてもらいました。 しかし、不動産屋と大家さん...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

不動産賃貸に強い弁護士

【初回相談無料】ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

【弁護士携帯070-2627-6876。LINE:bengoshisaito】示談・不倫・離婚男女問題実績多数...

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

依頼者の不安を和らげ、「最後に笑っていただけること」をゴールに、戦略を練り、全力で業務にあたっています!

【初回相談無料】【当日・夜間・休日・電話相談可】【24時間メール予約】弁護士がこれまでの経験とノウハウを駆使し...

退職トラブルについては当職へご相談ください。お話を真摯に伺い、最良の選択肢を提案します。

ページ
トップへ