賃貸物件の連帯保証人を辞めたい!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月15日 19時05分

 昨年11月息子夫婦の賃貸住宅の連帯保証人にサインしたのですが、息子夫婦とは疎遠となってしまいました。連帯保証人は友達になってもらったと話していましたが、実際は私のままです。現在、息子はまともに働かず、生活費もままならない様子です。私も体調を崩して失業保険をもらい生活をしている状態です。連帯保証人をやめるにはどのようにすればよいのでしょうか?



(50代:女性)

匿名弁護士

 連帯保証とは、保証人が主たる債務者と連帯して債務を負担する特約のある保証契約です(民法446条454条参照)。契約は、家主と相談者様自身との間で結ばれていることになります。



 不動産賃貸における連帯保証契約は、簡単に言ってしまうと賃借人(今回のご相談ではご子息)と同様に住まいを借りている存在となります。仮にご子息が賃料の不払いを起こした場合、家主から支払いを求められたら応じなければならず、「まずは息子に請求してくれ」ということも言えないのが特徴です。かなり重たい責任を負っているということになります。

 連帯保証人を辞める場合の大事なポイントは、(家主とご相談者様が契約を結んでいることになるので)家主がそれを了解することです。ご子息のご友人が新たな保証人となったとしても、家主がご相談者様の辞任を了解しなければ、ご相談者様の保証人としての責任がなくなることにはなりません。



 ご相談内容からは、具体的にどのような契約書でどのような保証契約が締結されているかは定かではありませんが、ひとまずは保証人となったときの控えなどを探されることが重要です。そして、その控えなどに記載されている家主にご相談者様自身で連絡を取って、契約を解除したい旨を伝え、解除についての書面を取り交わす必要があります。

 ご相談内容から、ひょっとしたらご子息に新たな保証人がいない可能性もあります。こうした場合は、新たに保証人になってくれる人物を探さなければならない可能性もあります。



 最近では、賃借人(ご子息)が一定のコストを支払えば、家賃支払いについての保証を行う保証会社もあります。こうした会社の利用をご子息に進言なさって、自らは保証人を辞するというのも一つの方法ではないかと思われます。

2015年07月15日 19時05分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

39年間たった賃貸住宅の補修工事

不動産賃貸 2018年01月19日

昭和に建てられた賃貸住宅に新築時に入居し現在約39年ほどになり、今回、お風呂、洗面、排水ともに使用不可能となり管理会社を通じ大家さんに交渉して頂ましたが 修繕費がかさむというだけの理由で、今しばらく大家さんの返事が出るまで待ってほしい...

賃貸更新料を過払いしてしまっていた場合、返還請求は可能でしょうか

不動産賃貸 2018年01月10日

賃貸マンションに8年住んでいます。 居住3年目で仲介不動産屋さんが今の所になりました。 更新料支払いが2年ごとと賃貸契約書にあり、今の不動産屋さんからも居住4年目・6年目・つい最近8年目に更新料支払い依頼書が届きました。 その際、完全...

賃貸物件シャワー室の洗面台が落ち、左親指伸筋腱断裂

不動産賃貸 2018年01月10日

賃貸物件シャワー室の洗面台が落ち、妻の左親指伸筋腱断裂し、手術して入院しました。 元からひびが入っていて、まさか落ちてくるとは思いませんでした。 そのため、すぐに病院行って、三日目で手術をしてもらいました。 しかし、不動産屋と大家さん...

となりの部屋と家賃があまりに違うので、調停で家賃を減額請求したいです。

不動産賃貸 2017年12月21日

はじめまして、 私が今住んでいるアパートの家賃について相談させていただきたいと思います。 私は約7年前から住んでいて、 現在家賃を駐車場込みで52,000円払っています。 水道代は2ヶ月に1回なのでそれはいいのですが、 同じアパートで...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

不動産賃貸に強い弁護士

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

依頼者の不安を和らげ、「最後に笑っていただけること」をゴールに、戦略を練り、全力で業務にあたっています!

【関内駅徒歩1分】【初回相談無料】【土日祝日・夜間相談可】【24時間相談メール可】【現・法政大学兼任教員】全て...

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

ページ
トップへ