連帯保証でいきなり請求が来た場合の対処法は?

User image 1 Legalus編集部さん 2016年08月31日

 先日、不動産管理の会社から電話が入りました。「あなたが連帯保証人になってるマンションの家賃滞納があるので払ってください」と通達がきました。そのマンションとは、3年前に別れた彼氏のマンションでした。滞納額は90万で約9か月分。いきなりで驚きました。

 その別れた男性とは絶縁状態にあり、連絡もとっていない間柄です。とはいえ、年収200万以下の私には支払い能力もなく、「迷惑かけないから」とはんこを押してしまったことを悔いています。一方、その男性は今も健在で、その場所に定住しており、店舗も経営しており、明らかに支払い能力は私より上です。

 払える能力があるのに払わない借り主に責任はないのか?払えないのを堪えて、破産してまで支払いをしなければいけないのか?連帯保証人を外れることはできないのか?上記の回答と今後の解決策を望みます。



(40代:女性)

関連Q&A

借家人のクレームに困っています

不動産賃貸 2017年04月29日

母の借家の事で質問します。母が住んでいる持ちビルの裏の1件家を5年程前から、70代の2人姉妹に貸しています。 以前から「家賃が高すぎるから下げて!」とか「借家の前の通路が狭くて転んだ!(1階のガレージ端の通路を通って表に出ます。ビル2...

貸店舗からの退去について

不動産賃貸 2017年04月27日

住居つき店舗を借りて、40年近く自営業を営んでおります 先日大家さんから「事情があって土地を売却したい」との話がありました すでに不動産屋に話を持って行ったようで、来月半ば辺りにチラシやらサイトやらに広告が載ってしまうようです 閉店し...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     「保証人」と「連帯保証人」は、名前は似ていますが、法律的な効力では雲泥の差があります。保証人の場合、主たる債務者(今回では元彼)が支払わない場合に、二次的な義務を負います。これを補充性といいます。



     一方、連帯保証人の場合は、「まず主たる債務者に対して請求するまでは支払わない」と債権者に言える「催告の抗弁権」(民法452条)がなく、「先に主たる債務者の財産に執行するまでは支払わない」とする「検索の抗弁権」(民法453条)もありません(民法454条)。

     簡単に言ってしまえば、ほとんど債務者と同じ立場にあるということになるのです。



     ドライな言い方になるかもしれませんが、債権者である不動産管理会社から支払い請求が来た場合、たとえ主たる債務者(元彼)の資力があったとしても、不払いが生じている以上、支払い義務を負うことになってしまいます。

     場合によっては、ご相談者様が破産手続きなどを行わざるをえない状況も視野に入ってきます。



     なお、連帯保証人を外れるには、保証している契約が終了するか、債権者である不動産管理会社に連帯保証契約の解除を承認してもらうしかありません。不払いが残っている段階では、いずれも困難な道であると思われます。



     対処方法としては、主たる債務者である元彼に対して、支払いするように交渉を行うことが優先されると思われます。

     他方で、ご相談者様の資力の問題もあると思われますので、不動産管理会社に対して(法的には言える立場にはないのですが)、主たる債務者への支払い請求を促すことも行うべきだと考えます。

     従前の関係性から主たる債務者へ物申しづらい環境があること、最悪の場合、先述の通り、破産手続きなどもありえることを考慮して、主たる債務者や不動産管理会社への交渉を弁護士に一任してしまうのもひとつの方法だと考えます。

2016年08月31日

不動産賃貸に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

依頼者のために最善を尽くしていきます

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ