住んでいる賃貸マンションが競売に。引き続き居住できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時14分

 平成14年3月に2年間の賃貸借契約を結び、入居している賃貸マンションが、競売にかけられることになりました。
 7月に権利関係の調査のため、裁判所の執行官の訪問があり、1月には期間入札が実施されるということです。
 競売により新所有者に代わっても、私は引き続き居住する事ができるでしょうか?

(20代前半:女性)

匿名弁護士

 あなたが住んでおられるマンションが競売にかけられる原因が明らかでありませんので、場合を分けて検討します。

 不動産が競売にかけられる場合として、

  1. 抵当権など担保権の実行による場合

と、

  1. 税務署が滞納処分で行う場合や裁判所の判決や公正証書に基づいて行う場合

があります。1. の場合と 2. の場合では、事前に競売の理由となる事由について登記等の対抗要件が備えられていたか否かが異なります。

 まず、1. の場合ですが、この場合にあなたが居住を続けられるかどうかは、あなたが賃貸借契約をされた時期によって結論が異なることになります。
 まず、a) 賃貸借契約が担保権の対抗要件成立以前になされた場合ですが、この場合、賃借権について対抗要件(登記または建物の引渡・借地借家法31条1項)が備えられていれば、競落人に対しても賃借権を主張することができ、居住を続けることができます。
 もっとも、多くの場合は建物の竣工と同時に担保権が設定されますので、a の場合に該当することは少ないといえます。
 次に、b) a の場合でない場合で、賃貸借契約が競売のための差押登記の前になされた場合ですが、この場合、賃貸借契約の期間が3年を超えない場合(短期賃貸借といいます:民法602条)には、賃借権について対抗要件を備えていれば、その期間内は競落人に対しても賃借権を主張することができ、居住を続けることができます。ただし、この場合でも3年の期間を過ぎれば立ち退き請求がなされます。
 最後に、c) 賃貸借契約が競売のための差押登記の後になされた場合ですが、この場合にはたとえ賃借権について対抗要件を備えていたとしても、競落人に対して賃借権を主張することができず、競落後は立ち退かなければなりません。

 次に、2. の場合ですが、この場合もあなたが居住を続けられるかどうかは、あなたが賃貸借契約をされた時期によって結論が異なることになります。
 この場合の結論ですが、上に述べたように 1. の場合と 2. の場合では、事前に競売の理由となる事由について登記等の対抗要件が備えられていたか否かが異なるのみで、それ以後は同様の手続が取られるため、結論としては、上記 b または c と同じになります。

 以上から、あなたのケースについては、期間2年の短期賃貸借契約であり、その契約は差押登記前になされたものと思われますので、期間満了までは居住を続けることができると考えられます。

 なお、平成16年の民法改正により、短期賃貸借の賃借人保護の制度が廃止され、賃借期間にかかわらず、建物の賃借人は競落後6か月間に限り、引き続き居住できることになりました(明渡猶予制度民法395条)。この場合でも、平成16年3月31日までに締結された短期賃貸借については、上述の短期賃貸借の賃借人保護の制度が適用されることになります。

2014年01月07日 04時14分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

浸水による家賃の返金について

不動産賃貸 2018年09月25日

現在マンション1階に住んでおり、マンションの共用廊下部分には排水口がなく、先日の豪雨で家が若干浸水し、業者からは床に汚水が入り込んでいるため、張替えが必要とのことでした。 急ぎで管理会社に連絡したところ直ぐに他の部屋を用意して床の張替...

借地を更地返還するための解体費用で困っています。

不動産賃貸 2018年09月21日

約30年前に父が借地権付き木造住宅を購入し、住んでいましたが、3年前に両親とも亡くなりました。私は別のところに住んでいるので、 空家になった時、地主さんに借地契約の解消を相談しましたが、その時、更地で返還してくれと言われました。 他の...

地主に建物買取請求をする時期、手段についての質問です。

不動産賃貸 2018年09月21日

父が50年間住んでいて、現在は空家状態の家が建っている借地の契約期間が、この10月12日終了する事が分かりました。 建物買取請求権を行使しようと考えています。 その場合、その意思を内容証明郵便で地主に伝えるようと思っていますが、 質問...

当初の借地期間を13年として借地契約をしました。50年後の今、借地法に反する事を知りました。どうすれば良いでしょう。

不動産賃貸 2018年09月18日

89歳の父が借地権付きの中古木造住宅を購入し、地主と最初の契約で存続期間を13年としています。 これは、当初の住宅所有者との契約期間が7年だったので、それとの通算で20年になるように13年としたそうです。 契約書の文面には通算したこと...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

Go To Top Html