事務所の窓ガラス、社名は当然いれてよい?

Legalus編集部さん 2014年02月05日

 事務所用の貸しビルを1棟所有しています。このビルには、かなり目立つ袖看板を各テナントのために設置しており、広告は十分だと認識しております。
 ところが、あるテナントが窓に社名を大きく貼り出したいといってきています。テナント側は、一応、承諾はもらうが、当然の権利だという態度です。
 私としては、上品なビルの外観を保護するために、承諾したくありません。拒否できないものでしょうか。

(50代:男性)

関連Q&A

重要事項説明書の記載事項と賃貸借契約書の相違について(宅地建物取引業法)

不動産賃貸 2016年11月21日

建物賃貸借の場合における重要事項説明書において契約の更新に関する条件がいくつか記載されているのですが、賃貸借契約書には、当該条件のうち一部しか記載されておりません。 重要事項説明書の記載と賃貸借契約書の記載に相違が生じてしまっているわ...

更新料が払えません。

不動産賃貸 2016年10月31日

3年前の10月に賃貸契約をして、2年更新だったので去年の10月に更新予定でしたが 私がお金を準備できずに現在まで4月現在まで更新が滞っています。 契約のときに書面で、更新は2年に一回でそのとき家賃の1か月分を支払うと書いてあり、 署名...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     まず、テナントとの契約書に、窓ガラスの使用について、記載がないか確認してください。使用を許す条項が入っていれば、承諾せざるをえないでしょう。

     何も書いていない場合は、協議することになります。何も書いていない場合でも、他の条項から読み取れる契約の趣旨や、ビル所在地の環境、ビルの風格など、具体的状況から判断して、あなたが窓ガラスの利用を承諾する必要がないというケースもありえます。

     借主が事務所の入口扉に、社名を入れるのと同じ感覚で、窓への広告も可能だと思っているケースがよくあります。借主は部屋の中を利用する権利を有しているのであって、ビルの外観を変更する権利まで有しているわけではないことを説明してください。

     契約書に、使用を許可する条項が入っている場合や、協議の結果、承諾することになった場合は、窓ガラスの取り扱いについて書面にしておくべきでしょう。窓ガラスに貼り付ける素材の質によっては、窓ガラスを汚損するでしょうから、そのことを考え、退去の際の原状回復についても書面で明確にするようにして下さい。

2014年02月05日

不動産賃貸に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ