連帯保証人の条件は家主次第?

User image 1 Legalus編集部さん 2016年08月31日

 引越し先が決まり賃貸契約を交わす段階になって、不動産業者から「連帯保証人は身内以外、認められない。身内がいない場合、保証会社を利用するという方法もあるが、この家主はそれを認めていない。」と言われ、付き合いのある身内のいない私は困っています。

 勤め先の社長が連帯保証人になることを快諾してくれているのですが、血のつながりのない他人を連帯保証人として認めてもらうにはどのような方法があるのでしょうか?


(30代:女性)

関連Q&A

借家人のクレームに困っています

不動産賃貸 2017年04月29日

母の借家の事で質問します。母が住んでいる持ちビルの裏の1件家を5年程前から、70代の2人姉妹に貸しています。 以前から「家賃が高すぎるから下げて!」とか「借家の前の通路が狭くて転んだ!(1階のガレージ端の通路を通って表に出ます。ビル2...

貸店舗からの退去について

不動産賃貸 2017年04月27日

住居つき店舗を借りて、40年近く自営業を営んでおります 先日大家さんから「事情があって土地を売却したい」との話がありました すでに不動産屋に話を持って行ったようで、来月半ば辺りにチラシやらサイトやらに広告が載ってしまうようです 閉店し...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     保証人が見つかったら、家主と保証人とは「保証契約」を結ぶことになります(民法446条465条)。

     保証契約とは、主たる債務者が債務の履行をしない場合に、これに代わって履行するという保証人の義務をいいます。

     ここで注意しなければならないのは、あなたと保証人が契約関係に入るのではなく、これはあくまでも家主と保証人との契約であるということです。だからこそ家主は保証人について条件をつけるわけです。今回のケースですと、「主債務者の身内である」人となら保証契約を結んでよい、と判断しているということですね。



     どのような人と契約を結ぶか決めることは、契約自由の原則から、契約当事者の自由であり権利です。ですから、家主の条件があまり意味のないものと思われたとしても、あなたがそれを無視することはできません。家主の期待に添うような保証人が見つかればベストですが、それが難しいようならば少しでも条件に近い人を立てるしかありません。

     家主がなぜ「身内」にこだわるのかといえば、何かあったときに身内なら責任を持ち、他人なら関係ないとばかり無責任な態度をとる、と思い込んでいるのかもしれません。もしそうならば、件の社長さんに保証人として(身内同様の)責任のある態度をとる旨言い添えていただくとか、別途念書を入れるなどして信用をつければ、認めてもらえるようにも思います。



     いずれにせよ、仲介の不動産業者にも社長さんとの信頼関係を納得してもらい、契約成立に向けて後押ししてもらうこともポイントです。

2016年08月31日

不動産賃貸に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

気軽に、いつでもご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ