月極駐車場を解約する場合、翌月の賃貸料まで払わなければいけないのか

Legalus編集部さん 2015年07月16日

 妻がアルバイトをすることになり、職場の近くに月極駐車場を借りました。
 ところが、バイト先が突然廃業となったため、借りる必要がなくなりましたので、すぐに大家さんに伝えました。すると、「言ってなかったけど、解約するときは翌月分まで払ってもらうことになってます。」と言うのです。
 契約書は受け取っていませんし、口頭でもそんなことは聞いていません。また、その駐車場は空スペースが多く、予約待ちもない状態で、解約しても大家さんに迷惑をかけることはないと思います。
 それでも、翌月の賃貸料まで払わなければいけないのでしょうか?

(30代:男性)

関連Q&A

賃貸アパートの階段が急で階段から落ちて骨折

不動産賃貸 2016年12月04日

先日、賃貸しているアパートの階段から転げ落ちて骨折して現在、入院しています。 階段がきゅうで、足を滑らせてしまい2階から1階まで転げ落ちてしまいました。 このアパートには、昨年入居したばかりなのですが、退院してまた同じ部屋に住むのは怖...

重要事項説明書の記載事項と賃貸借契約書の相違について(宅地建物取引業法)

不動産賃貸 2016年11月21日

建物賃貸借の場合における重要事項説明書において契約の更新に関する条件がいくつか記載されているのですが、賃貸借契約書には、当該条件のうち一部しか記載されておりません。 重要事項説明書の記載と賃貸借契約書の記載に相違が生じてしまっているわ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     駐車場を借りる契約は、民法上の賃貸借契約(601条以下)です。
     時間決め駐車場の貸し借りのように、1回きりで終了することもありますが、何ヶ月・何年にもわたる継続的契約であることも多く、法律上の問題を生じさせがちです。


     継続的な契約では、その契約関係が「今後も契約が続いていくだろう」という、お互いが契約の継続に寄せた信頼が重視されます。
     たとえば、長年の取引関係では、形式的には1ヶ月単位で締め日を設けていたとしても、一方からの勝手な解約は信義則(民法1条2項)上許されない、と判断されることがあります。


     しかし、ご相談では、契約はまだ成立したばかりで、しかも契約の内容そのものが不明なままだったようです。契約の内容、特に「解約する場合は1ヶ月前に申し入れる」など、賃借人の負担となるような条項は、契約締結時に明確に示されなければなりません。
     事前の合意がなかったならば、たとえ突然の解約だったとしても、翌月の賃貸料を払う義務はありません。

2015年07月16日

不動産賃貸に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ