前の大家から借家を修理せよと言われたが...

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 この春、引越しをしたのですが、前の借家の大家から、泥棒に破られた窓と、ねずみに開けられた壁の穴を修理するように言われました。

 これらは、こちらが修理するべきものなのでしょうか。

(50代:女性)

関連Q&A

賃貸アパートの階段が急で階段から落ちて骨折

不動産賃貸 2016年12月04日

先日、賃貸しているアパートの階段から転げ落ちて骨折して現在、入院しています。 階段がきゅうで、足を滑らせてしまい2階から1階まで転げ落ちてしまいました。 このアパートには、昨年入居したばかりなのですが、退院してまた同じ部屋に住むのは怖...

重要事項説明書の記載事項と賃貸借契約書の相違について(宅地建物取引業法)

不動産賃貸 2016年11月21日

建物賃貸借の場合における重要事項説明書において契約の更新に関する条件がいくつか記載されているのですが、賃貸借契約書には、当該条件のうち一部しか記載されておりません。 重要事項説明書の記載と賃貸借契約書の記載に相違が生じてしまっているわ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論から申しますと、原則として、あなたが修理する必要はありませんし、修理の費用もあなたが負担する必要はありません。

     といいますのも、賃貸借契約においては、貸主は借主に対して、目的物の使用・収益に必要な修繕をなす義務を負うからです(民法606条)。

     仮に、あなたが修繕していた場合でも、その費用は、必要費として直ちに貸主に請求できます(民法608条)。
     もっとも、借主に修繕義務を課すような特約がある場合は別ですが、その場合にも、当事者の合理的な意思解釈からいって、借主が負担すべき修繕の範囲は、小修繕や通常生ずべき破損の修繕の範囲に限られます。

     したがって、こうした特約がある場合でも、少なくとも泥棒に破られた窓については、あなたが修繕する必要はありません。

2014年01月07日

不動産賃貸に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ