前の大家から借家を修理せよと言われたが...

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 この春、引越しをしたのですが、前の借家の大家から、泥棒に破られた窓と、ねずみに開けられた壁の穴を修理するように言われました。

 これらは、こちらが修理するべきものなのでしょうか。

(50代:女性)

関連Q&A

借家人のクレームに困っています

不動産賃貸 2017年04月29日

母の借家の事で質問します。母が住んでいる持ちビルの裏の1件家を5年程前から、70代の2人姉妹に貸しています。 以前から「家賃が高すぎるから下げて!」とか「借家の前の通路が狭くて転んだ!(1階のガレージ端の通路を通って表に出ます。ビル2...

貸店舗からの退去について

不動産賃貸 2017年04月27日

住居つき店舗を借りて、40年近く自営業を営んでおります 先日大家さんから「事情があって土地を売却したい」との話がありました すでに不動産屋に話を持って行ったようで、来月半ば辺りにチラシやらサイトやらに広告が載ってしまうようです 閉店し...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論から申しますと、原則として、あなたが修理する必要はありませんし、修理の費用もあなたが負担する必要はありません。

     といいますのも、賃貸借契約においては、貸主は借主に対して、目的物の使用・収益に必要な修繕をなす義務を負うからです(民法606条)。

     仮に、あなたが修繕していた場合でも、その費用は、必要費として直ちに貸主に請求できます(民法608条)。
     もっとも、借主に修繕義務を課すような特約がある場合は別ですが、その場合にも、当事者の合理的な意思解釈からいって、借主が負担すべき修繕の範囲は、小修繕や通常生ずべき破損の修繕の範囲に限られます。

     したがって、こうした特約がある場合でも、少なくとも泥棒に破られた窓については、あなたが修繕する必要はありません。

2014年01月07日

不動産賃貸に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

気軽に、いつでもご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ