前の大家から借家を修理せよと言われたが...

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 この春、引越しをしたのですが、前の借家の大家から、泥棒に破られた窓と、ねずみに開けられた壁の穴を修理するように言われました。

 これらは、こちらが修理するべきものなのでしょうか。

(50代:女性)

関連Q&A

大家さんから毎月の水道料金の請求書が来なく、ポストにメモ紙だけが入っています。

不動産賃貸 2017年01月21日

現在のマンション入居契約時の書類で、水道だけは大家さんが手配しているので戸別に水道局と契約する必要がないと書かれていました。現在、入居してから1年になりますが、大家さんから水道料金の請求書は一切届いていなく、単にポストの中に「***号...

無期限で物件を貸し、返してほしいのですが…

不動産賃貸 2017年01月20日

国外に10年程出ていて、帰ってくるめどが、つい一年ぐらい前まで立っていませんでした。 なので不動産屋を通じて所有しているアパートを無期限で貸しています。 契約は2年ごとに更新です。 不動産屋にそろそろ日本に帰ってくるので返してもらえる...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論から申しますと、原則として、あなたが修理する必要はありませんし、修理の費用もあなたが負担する必要はありません。

     といいますのも、賃貸借契約においては、貸主は借主に対して、目的物の使用・収益に必要な修繕をなす義務を負うからです(民法606条)。

     仮に、あなたが修繕していた場合でも、その費用は、必要費として直ちに貸主に請求できます(民法608条)。
     もっとも、借主に修繕義務を課すような特約がある場合は別ですが、その場合にも、当事者の合理的な意思解釈からいって、借主が負担すべき修繕の範囲は、小修繕や通常生ずべき破損の修繕の範囲に限られます。

     したがって、こうした特約がある場合でも、少なくとも泥棒に破られた窓については、あなたが修繕する必要はありません。

2014年01月07日

不動産賃貸に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ