引越の際の入居日と鍵の受け渡し

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月18日 02時39分

 今月、引越しをすることになっています。新しく部屋を借りるに際し、「鍵の受け渡しは入居日の前日か当日しかできない」といわれて、困っています。

 今まで、何度か引越しをしてきましたが、鍵を前日か当日にしか受け取れない、というのは初めてです。これでは部屋の拭き掃除も、照明器具の取り付けもできず、夕方引越し予定なので、どうしようかと思っています。

 契約時、管理会社の都合で契約書は郵送だったため、お互い面識がなく、連絡も仲介業者が入っているため、直接話ができていない状態です。



(20代:女性)

匿名弁護士

     新入居者は、契約上の入居日をもって、その部屋の使用権を認められることになります。
     一方、鍵を受け取ることによって、入居者はその部屋に自由に入ることができるようになりますから、鍵の受け取りは、部屋の占有を新入居者に移転する行為であるといえます。
     したがって、貸主としては、入居日までは、部屋の占有を移転する行為である鍵の受け渡しを拒むことができるのが原則です。



     しかし、貸主側にも、借主が契約の本旨に従った利用ができるように協力するという、賃貸借契約に附随する信義則(契約の当事者は信義に従い誠実にこれを履行すべきとする私法上の原則)上の義務があります。そして、アパートやマンションの賃貸借契約における契約の本旨とは、その部屋で現実に生活することなのですから、貸主は、借主が入居日から部屋で生活できるように、できるだけの配慮をするべきでしょう。

     したがって、旧借主がまだ退去していないとか、貸主が自分で使用している等の特別の事情がない限り、特に引越し・入居が夕刻になるような場合には、入居日の2、3日前に鍵の受け取りを請求することが可能である、と考えます。
     そして、鍵を受け取った以上、その時点から借主は部屋を管理する義務を負うことになるので、火の元、施錠などには充分注意することが必要です。



     なお、入居日すなわち鍵の受け渡し日として、家賃を正確に日割りで請求する契約形態もあるようです。その場合には、2、3日分を日割りで払わなければならないこともあるかもしれません。
     いずれにせよ、契約は当事者の合意によって成立するものですから、管理会社を通して貸主と話し合えばよいのです。送付されてきた賃貸借契約書の内容が修正できない、というわけではありません。

2015年07月18日 02時39分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

男性禁止のマンションで男性と同居している人の強制退去させる方法はあるんでしょうか?

不動産賃貸 2017年07月27日

今年の4月に女性限定、ペット不可の賃貸マンションに越してきました。 犬(小型犬であっても)が怖いのと、女性限定は安全かなと思ってここに決めたのですが、 下の部屋から、男性の笑い声やくしゃみの音まで聞こえてきます。 マンション内のゴミ捨...

大家さんが無断で敷地内や家の中に入るのは犯罪ではない?

不動産賃貸 2017年07月24日

現在借家で、大家さん(老夫婦)は隣に住んでます。おじいさんは近所でも有名な世話焼きで、娘と二人暮らしの為か、すごい世話をやいてきます。 玄関前に50ほどの植木鉢も引越し前に撤去するとの事でしたが、4年経った今もまだあります。 洗濯物干...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不動産賃貸に強い弁護士

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

ページ
トップへ