引越の際の入居日と鍵の受け渡し

Legalus編集部さん 2015年07月18日

 今月、引越しをすることになっています。新しく部屋を借りるに際し、「鍵の受け渡しは入居日の前日か当日しかできない」といわれて、困っています。

 今まで、何度か引越しをしてきましたが、鍵を前日か当日にしか受け取れない、というのは初めてです。これでは部屋の拭き掃除も、照明器具の取り付けもできず、夕方引越し予定なので、どうしようかと思っています。

 契約時、管理会社の都合で契約書は郵送だったため、お互い面識がなく、連絡も仲介業者が入っているため、直接話ができていない状態です。



(20代:女性)

関連Q&A

賃貸アパートの階段が急で階段から落ちて骨折

不動産賃貸 2016年12月04日

先日、賃貸しているアパートの階段から転げ落ちて骨折して現在、入院しています。 階段がきゅうで、足を滑らせてしまい2階から1階まで転げ落ちてしまいました。 このアパートには、昨年入居したばかりなのですが、退院してまた同じ部屋に住むのは怖...

重要事項説明書の記載事項と賃貸借契約書の相違について(宅地建物取引業法)

不動産賃貸 2016年11月21日

建物賃貸借の場合における重要事項説明書において契約の更新に関する条件がいくつか記載されているのですが、賃貸借契約書には、当該条件のうち一部しか記載されておりません。 重要事項説明書の記載と賃貸借契約書の記載に相違が生じてしまっているわ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     新入居者は、契約上の入居日をもって、その部屋の使用権を認められることになります。
     一方、鍵を受け取ることによって、入居者はその部屋に自由に入ることができるようになりますから、鍵の受け取りは、部屋の占有を新入居者に移転する行為であるといえます。
     したがって、貸主としては、入居日までは、部屋の占有を移転する行為である鍵の受け渡しを拒むことができるのが原則です。



     しかし、貸主側にも、借主が契約の本旨に従った利用ができるように協力するという、賃貸借契約に附随する信義則(契約の当事者は信義に従い誠実にこれを履行すべきとする私法上の原則)上の義務があります。そして、アパートやマンションの賃貸借契約における契約の本旨とは、その部屋で現実に生活することなのですから、貸主は、借主が入居日から部屋で生活できるように、できるだけの配慮をするべきでしょう。

     したがって、旧借主がまだ退去していないとか、貸主が自分で使用している等の特別の事情がない限り、特に引越し・入居が夕刻になるような場合には、入居日の2、3日前に鍵の受け取りを請求することが可能である、と考えます。
     そして、鍵を受け取った以上、その時点から借主は部屋を管理する義務を負うことになるので、火の元、施錠などには充分注意することが必要です。



     なお、入居日すなわち鍵の受け渡し日として、家賃を正確に日割りで請求する契約形態もあるようです。その場合には、2、3日分を日割りで払わなければならないこともあるかもしれません。
     いずれにせよ、契約は当事者の合意によって成立するものですから、管理会社を通して貸主と話し合えばよいのです。送付されてきた賃貸借契約書の内容が修正できない、というわけではありません。

2015年07月18日

不動産賃貸に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ