賃料を払わなければならないのは借主?それとも実質的な利用者?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 彼氏が自宅近くに駐車場を借りています。
 現在、賃料を2ヶ月分延滞しているのですが、貸主は、車を止めている私に支払い請求をしてきます。仕事場にも連絡してこられ、当惑しております。
 駐車場の賃料は、実質的な利用者が支払わなければならないのでしょうか?

(30代:女性)

関連Q&A

賃貸住宅の連帯保証人をはずす方法

不動産賃貸 2017年04月26日

昨年11月息子夫婦の賃貸住宅の連帯保証人にサインしたのですが、 息子夫婦とは疎遠となり 連帯保証人は友達になってもらってると言っていたが 実際はわたしのままであり現在息子はまともに働かず生活費もままならない様子 私は体調を崩して失業保...

賃貸契約の際アリバイ会社使用

不動産賃貸 2017年04月25日

現在水商売でアパートに半年ほど住んでいるのですが、 契約する時にお店のアリバイ会社を使用しました。 連帯保証人は知人になってもらいました。 知人は私の職業を知っていて、アリバイ会社を使用した事を知った上で連帯保証人になってもらいました...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     駐車場の賃料支払義務を負うのは、賃貸契約における賃借人です。彼が賃借人なのであれば、連帯保証人にでもなっていない限り、あなたが賃料支払義務を負うことはありません。実質的な利用者が誰かということは、関係がありません。

     ところで、彼がこのまま賃料の不払いを続けると、債務不履行を理由に、賃貸借契約を解除されてしまう可能性があります(民法541条)。
     たとえば、家屋の賃貸借契約において「賃料を1回でも延滞したときは催告をすることなく賃貸借を解除できる」旨の条項が、契約書に記載されていることがあります。
     このような条項は、これを正当化する特別の事情(例えば、過去において借家人側に著しい不信行為があり、これらの行為に対する罰則的な意味で、和解、調停等において特に合意された場合など)がない限り、民法90条違反として無効であるとされています。

     しかし、駐車場の賃貸借契約は、家屋の賃貸借契約に比べて、賃借人を保護する必要性が薄いと考えられます。つまり、紛争になったとき、契約の解除を主張する賃貸人の言い分が通りやすい、ということです。
     どうしても払えない事情があるのなら、賃貸人と話し合いを持つなどして今後の支払計画を約束するのが、契約当事者のとるべき誠実な態度といえます。

2014年01月07日

不動産賃貸に強い弁護士

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ