固定資産税は誰が払うの?

Legalus編集部さん 2014年01月30日

 父母私と持ち家に住んでおり無職で収入がありません。
 そのため、別にマンションを購入してローン返済中の妹の扶養に入る場合、固定資産税は妹の所に行くと思うのですが、世帯主が妹となった場合は現在父の名義である家の権利も移動するのでしょうか。

(30代後半:女性)

関連Q&A

賃貸アパートの階段が急で階段から落ちて骨折

不動産賃貸 2016年12月04日

先日、賃貸しているアパートの階段から転げ落ちて骨折して現在、入院しています。 階段がきゅうで、足を滑らせてしまい2階から1階まで転げ落ちてしまいました。 このアパートには、昨年入居したばかりなのですが、退院してまた同じ部屋に住むのは怖...

重要事項説明書の記載事項と賃貸借契約書の相違について(宅地建物取引業法)

不動産賃貸 2016年11月21日

建物賃貸借の場合における重要事項説明書において契約の更新に関する条件がいくつか記載されているのですが、賃貸借契約書には、当該条件のうち一部しか記載されておりません。 重要事項説明書の記載と賃貸借契約書の記載に相違が生じてしまっているわ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     固定資産税とは、市区町村税の一種で、土地・家屋及び償却資産(事業用の機械・器具・備品など)に対してかかる税です。

     支払の義務があるのは、毎年1月1日時点で、土地、家屋及び償却資産の所有者として固定資産課税台帳に登録されている人です(地方税法343条359条)。したがって、年の途中で新たに家屋を新築した場合や不動産を取得した場合には、その翌年から課税されることになります(譲渡の場合は、通常、取得日を基準に案分して負担します)。

     上の説明からもわかるように、支払の義務があるのは固定資産を所有している人ですから、所有者が変更されない限り、支払の義務が発生することになります。
     今回のケースでは、世帯主が妹さんに変更された場合でも、所有者を変更しない限りお父様に納税義務があることになります。逆に、妹さんがお父様に代わって固定資産税を支払ったとしても、そのことで直ちに家の権利が移動することもありません。ただ、納税者とそのお金を出す人が異なる状況は自然とはいえませんから、今後どうするかについてはご家族で話し合われておいたほうがよいと思います。

     なお、生活保護法により生活扶助等を受けている場合には、所有する固定資産の固定資産税が減免されますので、該当する場合にはお近くの役場に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

2014年01月30日

不動産賃貸に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ