貸した土地になっている柿の実は、誰のもの?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 資材置き場に使用する目的で、ある人に土地を貸しています。その土地には柿の木が植わっていて、今、たくさんの実をつけています。

 借主は、「お金を出して借りているのだから、柿も自分のものだ」というのですが、本当にそうなのでしょうか?

(30代:女性)

関連Q&A

賃貸アパートの階段が急で階段から落ちて骨折

不動産賃貸 2016年12月04日

先日、賃貸しているアパートの階段から転げ落ちて骨折して現在、入院しています。 階段がきゅうで、足を滑らせてしまい2階から1階まで転げ落ちてしまいました。 このアパートには、昨年入居したばかりなのですが、退院してまた同じ部屋に住むのは怖...

重要事項説明書の記載事項と賃貸借契約書の相違について(宅地建物取引業法)

不動産賃貸 2016年11月21日

建物賃貸借の場合における重要事項説明書において契約の更新に関する条件がいくつか記載されているのですが、賃貸借契約書には、当該条件のうち一部しか記載されておりません。 重要事項説明書の記載と賃貸借契約書の記載に相違が生じてしまっているわ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     土地を貸すという契約は、民法上の賃貸借契約民法601条以下)にあたります。

     賃貸借契約においては、賃貸人は賃借人に目的物を使用収益させる義務を負い、賃借人は賃料を支払う義務を負います。

     本件賃貸借契約においては、土地を資材置き場として使用させてあげることが賃貸人の義務です。賃借人は、賃借料を支払うことにより、その土地を使用収益する権利を手に入れます。


     それでは、賃借人は、その土地に植わっている柿の木の実を収取する権利もあるのでしょうか。

     民法では、私的自治・契約自由の原則が働くため、原則として、何でも当事者の合意によって決めることができます。柿の木の実を誰が収取するかも、はじめに合意しておけばそれですんだのです。しかし、当事者が何も決めなかった場合は、民法によって決せられることになります。

     この点、賃貸借契約で土地を貸した以上は、その土地に植わっている木になった果実も賃借人に収取する権利があるとも思えます。庭付きの借家を貸したような場合を考えると、その方が自然でしょう。

     しかし、この賃貸借契約の目的は「資材置き場として使用する」ということなので、賃借人も、資材置き場として利用するに足りるだけの対価しか支払っていないと考えられます。そうだとすると、土地の産出する果実を当然に収取する権利が認められるわけではなく、賃借人は資材置き場として使用する限りで認められる権利しか有しないといえるでしょう。

     したがって、賃借人は柿の木の実を収取することはできないと考えます。

2014年01月07日

不動産賃貸に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ