立退き料の請求はできないと契約書に記載がある場合、立退き料は貰えない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月23日 02時11分

 飲食店を経営する両親が、来年の5月までの立退きを要求されています。拒否もできますが、両親は「立退料をもらって別の場所で新たに始めたい」と考えています。契約書には『明渡しに際し、理由の如何を問わず、移転料営業補償等の請求をしないことは勿論、内外装費用の請求、造作諸設備買取請求等一切の請求はできない』との記載があるのですが、両親は立退料をもらえますか?


(20代:男性)

匿名弁護士

     特約中に造作買取請求権行使の禁止条項があることから、あなたの両親は貸主から建物を借りて飲食店を経営されているものと思われます。また、「拒否もできますが」という記述があることから、期限の定めのない建物賃貸借の場合であるか期限の定めがある建物賃貸借の途中解約の場合であると思われます。したがって、以上のことを前提にお答えいたします。



     貸主が建物賃貸借契約の解除または更新拒絶をするためには、「正当事由」がなければなりません(借地借家法28条)。ここに言う「正当事由」は




    1. 貸主および借主が建物の使用を必要とする事情

    2. 賃貸借に関する従前の経緯

    3. 建物の利用状況および建物の現況

    4. 賃貸人から賃借人への財産上の給付〔=立退料〕の申出



    を考慮して判断されます。実際の裁判では、「建て替えのため」などの貸主側の必要性から正当事由が認められることは殆どなく、立退きと引換えに4.「財産上の給付」〔=立退料〕が支払われるか、または、たとえそれが支払われたとしても正当事由が認められない場合もあります。



     では、このような「立退料」の支払義務を特約で排除することができるのでしょうか?
    この「財産上の給付」は、これを排除する特約を契約で定めたとしても、そのような特約は無効になるとされています(借地借家法30条)。したがって、本件の「移転料営業補償等の請求をしないこと」という特約は無効ですから、あなたの両親は貸主に対し、立退料の支払を請求することができます。



     では、立退料はどのようなことを基準に算定されるのでしょうか?

     一般に、立退料は




    1. 借家権の価格

    2. 移転費用

    3. 営業補償費用

    4. 慰謝料

    5. 造作買取価格等のそれまで支出してきた費用



    等を考慮して算定されます。しかし、本件では特約に『内外装費用の請求、造作諸設備買取請求等一切の請求はできない』との記載がありますので〔内外装費〔有益費〕および造作買取請求権(借地借家法33条)を排除する特約は有効であると解されています〕、結局、1~4を考慮して立退料が算定されることになるものと考えられます。

2015年07月23日 02時11分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

家賃滞納の支払いについて

不動産賃貸 2017年07月20日

今、現在、交際してる彼氏と7年同棲しています。 今日、不動産の方から 大家から家賃滞納をされてるいるので 今月中に2ヶ月分支払いしないと家に鍵を掛けますと言われました。 彼氏本人からも滞納してることすら言われておらず一緒にすんでるんだ...

漏水の責任はひとりだけ?

不動産賃貸 2017年07月18日

ある日突然階上の住人の部屋から洗濯水の漏水が漏れ伝わり、我が家の居室をびしょびしょにされてしまいました。 よく聞いてみるとその漏水は、その住居の本来の住人ではなく、その人がたまたま友人に一時滞在を許した時に取扱い不慣れのため起こしたも...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不動産賃貸に強い弁護士

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

ページ
トップへ