建物明渡し訴訟の被告は誰になる?

Legalus編集部さん 2014年03月05日

 戸建住宅を賃貸しましたが、現在家賃の滞納が10ヶ月間以上続いています。また、契約者は私の承諾無く第三者に転貸借をしていた様で、契約者ではなく第三者が契約当初から入居していたことが最近になって判明しました。この度、滞納家賃の請求と建物明渡しの訴訟をしたいと考えていますが、訴訟相手は誰にすれば良いでしょうか。

関連Q&A

賃貸アパートの階段が急で階段から落ちて骨折

不動産賃貸 2016年12月04日

先日、賃貸しているアパートの階段から転げ落ちて骨折して現在、入院しています。 階段がきゅうで、足を滑らせてしまい2階から1階まで転げ落ちてしまいました。 このアパートには、昨年入居したばかりなのですが、退院してまた同じ部屋に住むのは怖...

重要事項説明書の記載事項と賃貸借契約書の相違について(宅地建物取引業法)

不動産賃貸 2016年11月21日

建物賃貸借の場合における重要事項説明書において契約の更新に関する条件がいくつか記載されているのですが、賃貸借契約書には、当該条件のうち一部しか記載されておりません。 重要事項説明書の記載と賃貸借契約書の記載に相違が生じてしまっているわ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     あなたは(1)契約者を被告として賃貸借契約に基づき(民法第601条)滞納家賃及び賃貸借契約終了に基づく建物明渡しを、そして(2)実際の入居者を被告として不法行為に基づく(同法第709条)賃料相当損害金及び所有権に基づく(同法第201条)建物明渡しを請求することになります。この2人を被告とする訴訟は同一の裁判手続きの中で行うことができます。



     まず、滞納家賃の請求を賃貸借契約の当事者に対して賃貸借契約に基づき行うことができる事は当然です。それ以外にも、あなたとの関係で適法な建物占有権限の無い入居者に対しても、入居者があなたに賃料を支払っていないにも関わらずあなたから建物を賃借しているかの如き利益を受けている事から、賃料相当の損害金として滞納家賃と同程度の金額(実務上は同額で請求します)を不法行為に基づき請求することができます。ただ、契約者と入居者の2人に同時に請求することができるからといって、あなたが2重に支払いを受けられる訳ではなく、一方があなたに支払えばその支払った限度でもう一方に対するあなたの請求権は消失します。


     次に、建物明渡しについては、あなたが勝訴判決を得た後に契約者及び入居者が任意に建物を明け渡してくれない場合に、判決(債務名義)により強制執行ができるか(民事執行法第168条1項)、との観点より考える必要があります。


     この点、契約者の家族など契約者に付随して居住している人は契約者を被告とする判決(債務名義)をもって契約者と共に退去させることができますが(最判昭和28年4月24日)、契約者との間に賃貸借(転貸借)契約を締結するなどして当初のあなたと契約者との間の賃貸借契約とは独立した占有権限によって建物を占有している人に対しては、契約者を被告人とする判決(債務名義)では建物から退去させることができませんので、契約者とは別に入居者を被告とする判決(債務名義)が必要となります。

     ですから、あなたは契約者と実際の入居者の2人を被告として訴訟を提起することになります。

2014年03月05日

不動産賃貸に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ