家賃の正当な受取人はどちら?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 父が死亡し、父の財産であった土地の所有権は母が、その土地上に建つ建物の所有権は私が相続しました。その後、母の希望で建物を新築し、その費用は母と私の2人で半分ずつ負担しました。新築した建物には二世帯に部屋を貸すことが出来ますが、部屋を貸した場合、家賃は母と私のどちらが受け取るのが正当なのでしょうか?


(30代:男性)

関連Q&A

大家さんから毎月の水道料金の請求書が来なく、ポストにメモ紙だけが入っています。

不動産賃貸 2017年01月21日

現在のマンション入居契約時の書類で、水道だけは大家さんが手配しているので戸別に水道局と契約する必要がないと書かれていました。現在、入居してから1年になりますが、大家さんから水道料金の請求書は一切届いていなく、単にポストの中に「***号...

無期限で物件を貸し、返してほしいのですが…

不動産賃貸 2017年01月20日

国外に10年程出ていて、帰ってくるめどが、つい一年ぐらい前まで立っていませんでした。 なので不動産屋を通じて所有しているアパートを無期限で貸しています。 契約は2年ごとに更新です。 不動産屋にそろそろ日本に帰ってくるので返してもらえる...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     家賃の正当な受取人は賃貸借契約の名義人ですから、原則として建物の所有名義が誰であるかとは関わりなく、お母様とあなたとのどちらが貸し主としてその建物を貸すのか、によります。

     ただ、建物の所有者が貸し主になるのが普通といえます。そして、ご質問からは新築後の建物の所有権民法第206条)がどなたにあるのかが明確ではありませんので、新築後の建物の所有権(建物の登記名義)があなたに100%ある場合と、お母様とあなたとの共有(建物の登記名義が共有)になっている場合とに分けて考えてみましょう。


     まず、新築後の建物の所有権が100%あなたにある場合、あなたが貸し主として建物を第三者に賃貸し、あなたが借り主から家賃を受け取る(同法第601条)事になるでしょう。そして、家賃の授受とは別の問題として、あなたはお母様に対し土地の利用対価を支払ったり、また、建物の新築費用をお母様が半分負担されたのがあなたへの贈与の趣旨であるのならともかく、そうでなければ建物の新築費用のお母様負担部分を返済したりする事になります。


     次に、新築後の建物の所有権がお母様とあなたとの共有になっている場合には、お母様とあなたとが共同貸し主として建物を第三者に賃貸し、お母様とあなたとのどちらともが賃料全額を借り主に請求できることになります。これは、共有物件の賃料は性質上「不可分債権」(東京地裁1972年12月22日判決)だからです。そして借り主はお母様とあなたとの何れかに賃料全額を支払えばそれで全ての貸し主に賃料を支払った事になります。お母様かあなたかが一旦全額受け取った賃料をお母様とあなたとの間でどの様に分配しようともそれは当事者間の話し合いになります。あなたがお母様に土地の利用対価を支払うのは上記同様です。

2014年01月07日

不動産賃貸に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ