家賃の正当な受取人はどちら?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時08分

 父が死亡し、父の財産であった土地の所有権は母が、その土地上に建つ建物の所有権は私が相続しました。その後、母の希望で建物を新築し、その費用は母と私の2人で半分ずつ負担しました。新築した建物には二世帯に部屋を貸すことが出来ますが、部屋を貸した場合、家賃は母と私のどちらが受け取るのが正当なのでしょうか?


(30代:男性)

匿名弁護士

 家賃の正当な受取人は賃貸借契約の名義人ですから、原則として建物の所有名義が誰であるかとは関わりなく、お母様とあなたとのどちらが貸し主としてその建物を貸すのか、によります。

 ただ、建物の所有者が貸し主になるのが普通といえます。そして、ご質問からは新築後の建物の所有権民法第206条)がどなたにあるのかが明確ではありませんので、新築後の建物の所有権(建物の登記名義)があなたに100%ある場合と、お母様とあなたとの共有(建物の登記名義が共有)になっている場合とに分けて考えてみましょう。


 まず、新築後の建物の所有権が100%あなたにある場合、あなたが貸し主として建物を第三者に賃貸し、あなたが借り主から家賃を受け取る(同法第601条)事になるでしょう。そして、家賃の授受とは別の問題として、あなたはお母様に対し土地の利用対価を支払ったり、また、建物の新築費用をお母様が半分負担されたのがあなたへの贈与の趣旨であるのならともかく、そうでなければ建物の新築費用のお母様負担部分を返済したりする事になります。


 次に、新築後の建物の所有権がお母様とあなたとの共有になっている場合には、お母様とあなたとが共同貸し主として建物を第三者に賃貸し、お母様とあなたとのどちらともが賃料全額を借り主に請求できることになります。これは、共有物件の賃料は性質上「不可分債権」(東京地裁1972年12月22日判決)だからです。そして借り主はお母様とあなたとの何れかに賃料全額を支払えばそれで全ての貸し主に賃料を支払った事になります。お母様かあなたかが一旦全額受け取った賃料をお母様とあなたとの間でどの様に分配しようともそれは当事者間の話し合いになります。あなたがお母様に土地の利用対価を支払うのは上記同様です。

2014年01月07日 04時08分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

39年間たった賃貸住宅の補修工事

不動産賃貸 2018年01月19日

昭和に建てられた賃貸住宅に新築時に入居し現在約39年ほどになり、今回、お風呂、洗面、排水ともに使用不可能となり管理会社を通じ大家さんに交渉して頂ましたが 修繕費がかさむというだけの理由で、今しばらく大家さんの返事が出るまで待ってほしい...

賃貸更新料を過払いしてしまっていた場合、返還請求は可能でしょうか

不動産賃貸 2018年01月10日

賃貸マンションに8年住んでいます。 居住3年目で仲介不動産屋さんが今の所になりました。 更新料支払いが2年ごとと賃貸契約書にあり、今の不動産屋さんからも居住4年目・6年目・つい最近8年目に更新料支払い依頼書が届きました。 その際、完全...

賃貸物件シャワー室の洗面台が落ち、左親指伸筋腱断裂

不動産賃貸 2018年01月10日

賃貸物件シャワー室の洗面台が落ち、妻の左親指伸筋腱断裂し、手術して入院しました。 元からひびが入っていて、まさか落ちてくるとは思いませんでした。 そのため、すぐに病院行って、三日目で手術をしてもらいました。 しかし、不動産屋と大家さん...

となりの部屋と家賃があまりに違うので、調停で家賃を減額請求したいです。

不動産賃貸 2017年12月21日

はじめまして、 私が今住んでいるアパートの家賃について相談させていただきたいと思います。 私は約7年前から住んでいて、 現在家賃を駐車場込みで52,000円払っています。 水道代は2ヶ月に1回なのでそれはいいのですが、 同じアパートで...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

不動産賃貸に強い弁護士

【川口駅前の法律事務所】【初回相談無料】不動産、債務整理、相続、離婚問題などお気軽にご相談下さい!

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

【心理カウンセラー資格取得】あなたの気持ちに寄り添う弁護士です。元営業マンで、聞き上手な弁護士が、最良の解決を...

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

《相談料初回30分無料》 《平日の夜間、土日も相談可》

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

ページ
トップへ