誤った内容の家賃更新料の請求書。請求通りに支払えば問題ない?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 毎年家賃の2か月分を更新料として払っていたのですが、今年は請求書が家賃の1か月分であり、安くなったと喜びながら 指定の金額を振り込みました。


 しかし「2ヶ月分支払え!」と大家から催促されました。

 私が、「請求書には1月分と書かれてあった。」と言うと、大家もそれを認めた上で、「それは誤りであったから新たに書類を作るので振り込む様に。」と言われました。


 

 私はその請求書通りにしたのに、当初契約で2か月分支払う事になっていれば、大家の言うとおり支払わないといけないのでしょうか?


(30代:男性)

関連Q&A

賃貸アパートの階段が急で階段から落ちて骨折

不動産賃貸 2016年12月04日

先日、賃貸しているアパートの階段から転げ落ちて骨折して現在、入院しています。 階段がきゅうで、足を滑らせてしまい2階から1階まで転げ落ちてしまいました。 このアパートには、昨年入居したばかりなのですが、退院してまた同じ部屋に住むのは怖...

重要事項説明書の記載事項と賃貸借契約書の相違について(宅地建物取引業法)

不動産賃貸 2016年11月21日

建物賃貸借の場合における重要事項説明書において契約の更新に関する条件がいくつか記載されているのですが、賃貸借契約書には、当該条件のうち一部しか記載されておりません。 重要事項説明書の記載と賃貸借契約書の記載に相違が生じてしまっているわ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     賃貸借契約(民法第601条)の更新料として幾ら支払わなければならないかは、契約内容により決まるものであり、請求書の記載内容により決まる訳ではありません。


     当初契約で更新料として2ヶ月分支払うことになっており、特にこれを値下げするなどの連絡が大家さんから無かったので有れば、請求書の記載内容がどうであれ、更新料は2ヶ月分となります。

     もし、反対に、当初契約で更新料が2ヶ月分であったにも関わらず、3ヶ月分の請求書があなたの元に届いたとすると、あなたは即座に大家さんに問い合わせをするか、あるいは2ヶ月分しか支払わないと思います。これと同じ事です。


     ですから、あなたは大家さんの言うとおり、追加して、合計2ヶ月分となる様に更新料を支払う必要があります。

2014年01月07日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ