無償で借りていた土地に植えた桜を撤去すると言われています

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時08分

 約20年前にAさんと口約束で、Aさんの土地に4本桜の木を植えました。
 当時、Aさんは将来この土地をどのように使うかはわからないと言っていました。

 その後、毎年すばらしい桜の花を咲かして、通行人の目を楽しませています。

 そして今年、Aさんが桜の植わっている土地を駐車場にしたいと言ってこられました。
 もちろん町内の皆が反対しています。

 Aさんは駐車場にできないなら毎月桜の木一本につき一万円、合計四万円を払ってほしいと言っています

 やはりAさんの土地なので仕方ないことなのでしょうか?


 

(30代:男性)

匿名弁護士

     あなたが現在、Aさんの土地に桜の木を植え、Aさんの土地を利用している権限は、使用貸借契約民法第593条)によるものであると考えられます。



     使用貸借というのは、一定期間、無償で相手方の財産を使用させて貰う事です。

     無償で相手方の財産を使用する訳ですから、基本的には相手方の厚意に依存する契約となります。


     つまり、使用させて貰う期間や使用させて貰う目的を特に決めていなかった場合には、貸主は借主に対して、いつでも「返して下さい。」と請求することができます(同法第597条第3項)。使用させて貰う目的を決めていた場合でも、客観的に使用する目的を達成することができる期間が経過すれば、実際にはまだ使用していたとしても、やはり貸主は、「返して下さい。」と請求することができます(同法同条第2項)。



     あなたが、約20年前に、Aさんとどの様な内容の口約束を交わしたのかがご相談内容からは明らかではありませんが、仮に、「桜の木を植えさせて貰えますか。」「ええ、今のところ使う予定はありませんので、結構ですよ。」という会話があったとします。

     この場合、使用させて貰う期間は決めず、使用目的だけを決めた使用貸借契約が成立したことになります。

     そして、それから約20年間が経過し、毎年すばらしい桜の花を咲かせるようになった事により、「桜の木を植えたい=花を咲かせたい。」との使用目的が、客観的には達成できたと考えられます。

     ですから、Aさんによる、「返して下さい。」との請求は理由がありますので、あなたはAさんに土地を返す必要があります。


     もし、あなたがAさんに土地を返したくないのであれば、Aさんの申し出通り、相応の地代・賃料をAさんに支払う事により、新たに地上権の設定を受けるか(同法第265条)、賃貸借契約同法第601条)を締結する事になります

2014年01月07日 04時08分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

家賃滞納の支払いについて

不動産賃貸 2017年07月20日

今、現在、交際してる彼氏と7年同棲しています。 今日、不動産の方から 大家から家賃滞納をされてるいるので 今月中に2ヶ月分支払いしないと家に鍵を掛けますと言われました。 彼氏本人からも滞納してることすら言われておらず一緒にすんでるんだ...

漏水の責任はひとりだけ?

不動産賃貸 2017年07月18日

ある日突然階上の住人の部屋から洗濯水の漏水が漏れ伝わり、我が家の居室をびしょびしょにされてしまいました。 よく聞いてみるとその漏水は、その住居の本来の住人ではなく、その人がたまたま友人に一時滞在を許した時に取扱い不慣れのため起こしたも...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不動産賃貸に強い弁護士

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

ページ
トップへ