借地の補修は借地人がするべきか?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 20年前に借地契約を結び、その土地上に建物を所有しています(住んではいません)。この春に契約の更新だったのですが、その契約書の条項の一つに、「乙(賃借人)は、本件土地の維持管理に意を用い、がけ崩れや陥没などがあるときは、直ちにこれを補修しなければならない」という条項がありました。これを削除してくれないかと提案しましても、相手方は受け入れてくれなさそうでした。このような条項も、有効なのでしょうか。


(60代:女性)

関連Q&A

賃貸アパートの階段が急で階段から落ちて骨折

不動産賃貸 2016年12月04日

先日、賃貸しているアパートの階段から転げ落ちて骨折して現在、入院しています。 階段がきゅうで、足を滑らせてしまい2階から1階まで転げ落ちてしまいました。 このアパートには、昨年入居したばかりなのですが、退院してまた同じ部屋に住むのは怖...

重要事項説明書の記載事項と賃貸借契約書の相違について(宅地建物取引業法)

不動産賃貸 2016年11月21日

建物賃貸借の場合における重要事項説明書において契約の更新に関する条件がいくつか記載されているのですが、賃貸借契約書には、当該条件のうち一部しか記載されておりません。 重要事項説明書の記載と賃貸借契約書の記載に相違が生じてしまっているわ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     そのような特約も有効ですが、賃貸人が修繕義務を負うべき場合もあるでしょう。


     賃貸借において、目的物の使用・収益に必要な修繕義務は、賃貸人が負うのが原則です(民法606条1項)。借地契約でいえば、借地にがけ崩れや陥没があった場合は、賃貸人が修繕するのが原則です。

     
    しかし、当事者間で特約を交わすことにより、一定の範囲で修繕を賃借人の義務とすることができます(最判昭和29年6月25日)。

     
    そのため、あなたの契約書中の「乙(賃借人)は、本件土地の維持管理に意を用い、がけ崩れや陥没などがあるときは、直ちにこれを補修しなければならない」という条項も、特約として有効です。

     
    ただ、いかなる場合にも賃借人が土地の破損箇所を自己の費用で修繕し、賃借当初と同一状態で維持しなければならないとまではいえないでしょう。

     
    特約の趣旨をどう解釈するかの問題になりますが、がけ崩れや陥没の程度、地代の設定料の高さ、契約に至った経緯など、個別的な事情によっては、必ずしもこの特約が及ばない場合も考えられます。


     ご相談の場合も、将来の紛争を未然に防止するという観点から、相手方との話し合いで、この条項を削除できれば望ましいです。

     
    しかし、たとえ相手方が削除してくれなくても、前述のようにこの特約の趣旨が及ばない場合もあります。実際にがけ崩れなどの問題が起こったとき、あなたが常に土地の補修をしなければならないということはありません。

2014年01月07日

不動産賃貸に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ