借地の補修は借地人がするべきか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時06分

 20年前に借地契約を結び、その土地上に建物を所有しています(住んではいません)。この春に契約の更新だったのですが、その契約書の条項の一つに、「乙(賃借人)は、本件土地の維持管理に意を用い、がけ崩れや陥没などがあるときは、直ちにこれを補修しなければならない」という条項がありました。これを削除してくれないかと提案しましても、相手方は受け入れてくれなさそうでした。このような条項も、有効なのでしょうか。


(60代:女性)

匿名弁護士

 そのような特約も有効ですが、賃貸人が修繕義務を負うべき場合もあるでしょう。


 賃貸借において、目的物の使用・収益に必要な修繕義務は、賃貸人が負うのが原則です(民法606条1項)。借地契約でいえば、借地にがけ崩れや陥没があった場合は、賃貸人が修繕するのが原則です。

 
しかし、当事者間で特約を交わすことにより、一定の範囲で修繕を賃借人の義務とすることができます(最判昭和29年6月25日)。

 
そのため、あなたの契約書中の「乙(賃借人)は、本件土地の維持管理に意を用い、がけ崩れや陥没などがあるときは、直ちにこれを補修しなければならない」という条項も、特約として有効です。

 
ただ、いかなる場合にも賃借人が土地の破損箇所を自己の費用で修繕し、賃借当初と同一状態で維持しなければならないとまではいえないでしょう。

 
特約の趣旨をどう解釈するかの問題になりますが、がけ崩れや陥没の程度、地代の設定料の高さ、契約に至った経緯など、個別的な事情によっては、必ずしもこの特約が及ばない場合も考えられます。


 ご相談の場合も、将来の紛争を未然に防止するという観点から、相手方との話し合いで、この条項を削除できれば望ましいです。

 
しかし、たとえ相手方が削除してくれなくても、前述のようにこの特約の趣旨が及ばない場合もあります。実際にがけ崩れなどの問題が起こったとき、あなたが常に土地の補修をしなければならないということはありません。

2014年01月07日 04時06分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

39年間たった賃貸住宅の補修工事

不動産賃貸 2018年01月19日

昭和に建てられた賃貸住宅に新築時に入居し現在約39年ほどになり、今回、お風呂、洗面、排水ともに使用不可能となり管理会社を通じ大家さんに交渉して頂ましたが 修繕費がかさむというだけの理由で、今しばらく大家さんの返事が出るまで待ってほしい...

賃貸更新料を過払いしてしまっていた場合、返還請求は可能でしょうか

不動産賃貸 2018年01月10日

賃貸マンションに8年住んでいます。 居住3年目で仲介不動産屋さんが今の所になりました。 更新料支払いが2年ごとと賃貸契約書にあり、今の不動産屋さんからも居住4年目・6年目・つい最近8年目に更新料支払い依頼書が届きました。 その際、完全...

賃貸物件シャワー室の洗面台が落ち、左親指伸筋腱断裂

不動産賃貸 2018年01月10日

賃貸物件シャワー室の洗面台が落ち、妻の左親指伸筋腱断裂し、手術して入院しました。 元からひびが入っていて、まさか落ちてくるとは思いませんでした。 そのため、すぐに病院行って、三日目で手術をしてもらいました。 しかし、不動産屋と大家さん...

となりの部屋と家賃があまりに違うので、調停で家賃を減額請求したいです。

不動産賃貸 2017年12月21日

はじめまして、 私が今住んでいるアパートの家賃について相談させていただきたいと思います。 私は約7年前から住んでいて、 現在家賃を駐車場込みで52,000円払っています。 水道代は2ヶ月に1回なのでそれはいいのですが、 同じアパートで...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

不動産賃貸に強い弁護士

【初回相談30分無料】解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

横浜駅徒歩3分。法的な悩み事はそのままにせず、専門家にお早めにご相談ください。※初回電話相談は30分まで無料です。

【初回法律相談無料】【24時間メール相談受付可能】【法科大学院講師】弁護士としての経験は11年目。依頼者に寄り...

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【初回法律相談30分無料】【完全個室相談】【泉佐野駅徒歩1分】しっかりとお話を伺い、ご依頼者様にとって最適な解...

【初回法律相談無料】利益を最大に、危険を最小にする解決策をご案内します。

ページ
トップへ