塾として貸した家が、いつの間にか廃屋になっていた!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年05月02日 23時52分

 15年ほど前に、私が愛媛に持っている家を塾の先生に貸しました。 最初は塾として使っていましたが、私が関西に住むようになって後、いつの頃からか不明ですが、物置として使っていたようです。家賃はきちんと銀行振り込みしてくれています。ある日、「廃屋のようになっているので売りませんか」と不動産屋から言われて初めて、塾として使われてなくて物置のようになっていたと知りました。写真でみた限り、『廃屋』という言葉どおり、傷んでいます。契約書には塾として使うことになっていますので、契約違反です。こういう場合でも、立ち退いてもらうときに立ち退き料を払わないといけませんか?敷金も返さないといけないものでしょうか。



(50代:女性)

匿名弁護士

 契約違反による解除をする場合は、立退き料を支払う必要はないと考えられますが、敷金は返還する必要があるでしょう。



 契約で塾として使うことになっていたにも関わらず、物置のように家を使うことは、借家人の「用法遵守義務違反」です(民法616条594条1項)。

 この場合、家主であるあなたは、違反行為の差し止めや損害賠償を請求することができます。そのため、まずは借家人に連絡をとって、現在において塾の経営はどうなっているのか、いつから塾の経営をしていないのか、再開する見通しはあるのか等を問いただし、今後のことについて話し合うとよいでしょう。家賃はきちんと振り込みをしてくれているとのことですから、何らかの事情があるのかもしれません。



 話し合いがまとまらず決裂したり、借家人の違反行為が、家主と借家人との信頼関係を破壊するほど悪質であるといえるときは、あなたは、賃貸借契約の解除をすることができると思われます。

 ご相談のような借家人の違反行為による契約解除の場合は、立退き料を支払う必要はありません。立退料とは、家主に立退請求を認める必要性が低い場合に、正当事由を埋め合わせるために、補助的に必要となるものであるからです。



 ただ、敷金は、家賃の滞納分や、通常の使用を超えるような使用をしたことで部屋に与えた損傷等を復旧するのに要した費用などを差し引いた残りの部分を、返還しなくてはなりません。

 ご相談の場合には、借家人が塾として使わず、長期間家を放置したことにより家が損傷したのであれば、それを復旧するために要した費用を差し引くことができるでしょう。

2014年05月02日 23時52分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

親族に直接住居を貸す場合の注意点は?

不動産賃貸 2021年06月05日

2世帯の戸建て住宅を所有していますが、1世帯は自身で居住、もう1世帯は空室となっています。この度、孫に直接安価に貸し与えたいのですが、不要なトラブルを避けるため、口約束でなく書面を交わしておいたほうが良いと考えています。その際の注意点...

事業用定期借地権の契約更新における空白期間について

不動産賃貸 2021年05月27日

現在、事業用定期借地権での契約で事業者に事業用地の貸し付けを行っています。 このたび契約期間が満了となりますが、事業者から契約の更新(再契約)のご希望があり、当方も契約の更新を希望していたため公正証書により再契約をすることとなりました...

入居者から雨漏りの報告の放置による家屋価値劣化に対する善意管理義務責任

不動産賃貸 2021年04月26日

転勤で自宅を賃貸借しています、10年近く貸していた入居者が転出した際、4〜5年前に二階で雨漏りがありシミが出ていたが床迄水が落ちて来る程で無かっので言わ無かっとの事でした。 家には火災保険を付保してますが、時効3年で風災申請も出来ませ...

立ち退き料について

不動産賃貸 2021年03月30日

ビルテナントの開業歯科医院ですが、1年後にビル建て替えのため退去を申し渡されています。30年余り普通借家契約でしたが、4年前の更新時にオーナーの要望に応じて定期借家契約に変更した経緯があります。法律上、立ち退き料が発生しないのは承知し...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する