迷惑な賃借人に退去してもらうことはできる?

Legalus編集部さん 2015年12月15日

 四階建てのビルをテナントとして貸しており、今回相談の対象者は、三階と四階をテナントとして使用しています。この対象者がクレーマーで困っています。不景気なので家賃を下げろ、環境を良くしろなど、こと細かくクレームをつけてきます。退去にかかる費用を支払ってもいいので退去してもらいたいのですが、方策はありませんか?



(60代:男性)

関連Q&A

賃貸アパートの階段が急で階段から落ちて骨折

不動産賃貸 2016年12月04日

先日、賃貸しているアパートの階段から転げ落ちて骨折して現在、入院しています。 階段がきゅうで、足を滑らせてしまい2階から1階まで転げ落ちてしまいました。 このアパートには、昨年入居したばかりなのですが、退院してまた同じ部屋に住むのは怖...

重要事項説明書の記載事項と賃貸借契約書の相違について(宅地建物取引業法)

不動産賃貸 2016年11月21日

建物賃貸借の場合における重要事項説明書において契約の更新に関する条件がいくつか記載されているのですが、賃貸借契約書には、当該条件のうち一部しか記載されておりません。 重要事項説明書の記載と賃貸借契約書の記載に相違が生じてしまっているわ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     賃借人がクレーマーだということですが、家賃の減額を求めたり(世間相場との乖離があれば)、賃貸物件をめぐっての環境整備を求めるのは、その程度によっては賃借人の権利行使の範囲内であるともいえます。要求回数や要求態度によってはクレーマーだということもできるでしょう。



     そこで、賃借人がクレーマーであることを前提に説明をします。

     借地借家法28条は、正当の事由がなければ賃貸借の解約をすることができない旨を規定し、正当事由を列挙しています。

     もちろん、同条列挙以外の正当事由を排除するものではないのですが、賃借人がクレーマーであることは正当事由の範囲内にあるとは思えません。

     立退料の提供は、正当事由の一つとして同条に規定されていますが、あくまでも正当事由を補完するものであるとの考えが主流です。



     したがって、立退料を提供したとしても、賃借人が明渡しを拒絶する場合には、非常に難しいと考えられます。また、賃借人がテナントとして物件を利用していることから、営業損失なども検討する必要性があり、少なくない金額が必要となるでしょう。



     悪質な賃借人についての地裁での古い事例があります。

     しかし、この事例の賃借人は、明渡しを求めた家主やその家族に対して、暴言を吐いたり家屋内を浸水させるなどの嫌がらせを行い、簡易裁判所での和解にも出席しませんでした。

     本来は正当事由がない場合だったのですが、家主の移転先の提供があったこと・和解のための簡易裁判所の努力があったにもかかわらず賃借人は出席しなかったこと・移転先を探す努力もしていないことを理由に正当事由があるとされました(地裁段階で確定しており、他の裁判所も同様の判断をするかは不明です)。



     これは、逆にいえば、ご相談のクレームだけでは、正当事由がないということになります。

     以上からすれば、退去してもらう方策は、現段階では見当たらないというしかありません。

2015年12月15日

不動産賃貸に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ