賃貸更新料を過払いしてしまっていた場合、返還請求は可能でしょうか

User image 1 lu_5e1647ccさん 2018年01月10日 17時01分

賃貸マンションに8年住んでいます。
居住3年目で仲介不動産屋さんが今の所になりました。

更新料支払いが2年ごとと賃貸契約書にあり、今の不動産屋さんからも居住4年目・6年目・つい最近8年目に更新料支払い依頼書が届きました。
その際、完全に私の過失なのですが更新料は共益費6000円を除く賃料のみだったのを共益費込みで新しい不動産屋さんが賃料として依頼していたことに今の不動産屋さんとの更新契約3回目にしてようやく気がつきました。
過去3回分の過払い更新料、返還してもらうことは可能なものでしょうか。

※賃貸契約書は8年前の入居時以来内容変更はしておらず途中不動産屋が変わった際も、入居時の契約書のコピーで今の不動産屋さん名義で印鑑等を押して契約書を作成しました。

更新料の過払い分について不動産業者または賃貸人の不当利得となりますが、不当利得返還請求権の消滅時効は支払から10年ですので、過払が明らかであれば法的には返還請求は可能でしょう。

もし、返還請求に応じない場合は、法的には今後の賃料と相殺を主張することは可能ですが、賃貸人との関係が悪化してもよくないので、不動産業者との話し合いによる解決が望ましいでしょう。

2018年01月10日 20時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

不動産賃貸借におけるトラブル(雨漏り・壁の亀裂) 何らかの形で金銭的賠償を請求できますか?

不動産賃貸 2018年06月11日

賃貸借に関するトラブルです。 現在のマンションには2017年の3月に入居しましたが、 同年4月、リビングの内壁に30cmほどの亀裂が入っていることを確認しました。 (この亀裂は私の故意・過失によるものではありません) 更に同年7月、雨...

強制執行の停止

不動産賃貸 2018年06月10日

株式会社Aが、家賃滞納の為、裁判において「この判決は仮に執行することができる。」という判決文の送達を6/7に受領しました。 判決関係は、大家が株式会社Aに対して家賃の支払いと明け渡しの請求です。 B株式会社は株式会社Aに家賃を支払い間...

家賃督促ならびに明け渡しに関する強制執行の停止または延期交渉について

不動産賃貸 2018年06月10日

株式会社Aが、家賃滞納の為、裁判において「この判決は仮に執行することができる。」という判決文の送達を6/7(判決日6/5)に受領しました。 控訴猶予期間の2週間を待たずに強制執行の可能性はありますか? 明け渡しに関する強制執行の停止は...

借地建物所有者の悪質な滞納状態を一日でも早く正常にしたい。

不動産賃貸 2018年06月09日

不動産会社の代表です。地主さんから相談があり対応しているところです。地主さん所有の敷地に建物があり、建物所有者と借地契約は存在しています。しかしながら、平成18年から年間借地代約9.3万円が支払われていません。長らく空き家に近い状況(...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ