大家さんは賃借人に対してどこまで責任を負わなければならないの?

Legalus編集部さん 2015年04月15日

 店舗を借りて、営んでいます。

 この度、地震の影響で店の出入口のドアの開け閉めが、悪くなったので、大家さんに修理を依頼しました。

 そのあと修理業者から、「一週間程度修理に日数がかかります」といわれました。

 その修理期間、店を開店することができません。

 そこで、その間の仮の売上を計算して大家さんに、請求したいのですが、可能ですか?



(50歳以上:女性)

関連Q&A

家の売却について

不動産売買 2017年01月21日

家の売却について教えてください。 4年前に、父親から1200万の借金と「住宅取得のための贈与税控除」(名称が違っているかもしれませんが・・)による1500万で私名義でマンションを買いました。 実印は私が、権利書は父親が保管しています。...

売主の不動産瑕疵担保責任

不動産売買 2017年01月11日

売主が売却した建物があるのですが、引渡し後、瑕疵担保責任該当事項が出てきたのですが、それに対して売主が対応してくれません。 売主は、別の場所に引っ越してしまい、話し合いもしてくれません。 今後、どのように対応すればいいのでしょうか? ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     賃貸借契約に基づき賃貸人が負う義務には、(1)目的物を使用収益させる義務、(2)賃貸人の担保責任、(3)修繕義務及び(4)賃借人の法益に対する保護義務があります。



     (1)目的物を使用収益させる義務は、賃貸目的物を賃借人が契約目的に従って使用収益できるのに適した状態に置くという積極的内容をもつもので、この義務から(3)修繕義務も導かれます。



     これらの義務は、賃貸目的物を使用収益に適した状態に置きさえすれば果たされたと言えるので、それを超えて休業損害の賠償義務までを含むものではありません。



     本件の場合、大家さんは震災で壊れたドアの修繕をしてくれるということなので、(1)および(3)の義務は果たされているといえます。したがって、それを超えて休業の間の売上相当額を大家さんに請求することはできないといえます。



     なお、(2)担保責任は、本件が震災による後発的な事情でのことですので問題となりません。



     (4)賃借人の法益に対する保護義務に関して認めた判例(最判平成3年10月17日)は、特殊な事例であり、本件にはあてはまりません。



     以上より、ドアの修理期間の売上相当額を大家さんに請求することはできません。

2015年04月15日

不動産売買に強い弁護士

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ