大家さんは賃借人に対してどこまで責任を負わなければならないの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月15日 03時34分

 店舗を借りて、営んでいます。

 この度、地震の影響で店の出入口のドアの開け閉めが、悪くなったので、大家さんに修理を依頼しました。

 そのあと修理業者から、「一週間程度修理に日数がかかります」といわれました。

 その修理期間、店を開店することができません。

 そこで、その間の仮の売上を計算して大家さんに、請求したいのですが、可能ですか?



(50歳以上:女性)

匿名弁護士

     賃貸借契約に基づき賃貸人が負う義務には、(1)目的物を使用収益させる義務、(2)賃貸人の担保責任、(3)修繕義務及び(4)賃借人の法益に対する保護義務があります。



     (1)目的物を使用収益させる義務は、賃貸目的物を賃借人が契約目的に従って使用収益できるのに適した状態に置くという積極的内容をもつもので、この義務から(3)修繕義務も導かれます。



     これらの義務は、賃貸目的物を使用収益に適した状態に置きさえすれば果たされたと言えるので、それを超えて休業損害の賠償義務までを含むものではありません。



     本件の場合、大家さんは震災で壊れたドアの修繕をしてくれるということなので、(1)および(3)の義務は果たされているといえます。したがって、それを超えて休業の間の売上相当額を大家さんに請求することはできないといえます。



     なお、(2)担保責任は、本件が震災による後発的な事情でのことですので問題となりません。



     (4)賃借人の法益に対する保護義務に関して認めた判例(最判平成3年10月17日)は、特殊な事例であり、本件にはあてはまりません。



     以上より、ドアの修理期間の売上相当額を大家さんに請求することはできません。

2015年04月15日 03時34分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

中古住宅購入後にシロアリ駆除の事実が判明した場合、購入金額の割戻しは請求できるのか?

不動産売買 2017年06月29日

3ヶ月ほど前に中古住宅を購入しました。不動産会社の事前の説明ではシロアリが被害はなく、予防のために製薬会社に管理を任せていたとのことでした。しかし、先日製薬会社が点検に来たときに以前にシロアリ駆除の事実があったことが判明しました。点検...

2017年6月6日相談内容の契約書に記載された解除に関する条項です。

不動産売買 2017年06月13日

「建築確認申請前の解約と手付金全額返金を希望しています 」 ・建築確認申請は未提出 ・間取りと予算内に納まるか?の打ち合わせを行ってきただけ。 ・メーカー(K◯住宅)の提示額が担当者が代わった途端3,800万から4,200万にUP(間...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不動産売買に強い弁護士

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

【堺市】南海本線堺駅すぐ

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

ページ
トップへ