購入した土地の一部が他人の土地だった!その部分に相当する額を減額してもらえる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月15日 03時28分

 宅地建物取引業者を介して塀で囲まれた土地を購入したのですが、実は一部が他人の敷地だった事が判明しました。売主側に購入代金の一部返却を求めたり、塀などの改修代金を請求することはできるのでしょうか?

 ただ、売買契約書に「瑕疵担保責任を負担しない」との条項があるのが気がかりです。



(30代:男性)

匿名弁護士

 購入した土地の一部が他人所有であった場合に、売主が買主にこの一部分の所有権を移転することができないときは、買主は、その不足する部分の割合に応じて代金の減額を請求することができます(民法563条1項)。

 上記に加え、他人所有部分があることを知らなかった買主は別途損害賠償の請求をすることができます(同3項)。



 本件でも売主が他人所有部分の権利を相談者に移転できない場合には、相談者はその部分の割合に応じて購入代金の一部返却を求めることができます。

 さらに、他人所有部分の塀を撤去する費用についても損害賠償として売主に請求することができます。



 以上が民法の規定による原則的な回答ですが、民法は当事者間で担保責任を負わない旨の特約を結ぶことを認めています(民法572条)。ただし、瑕疵があることを売主が知っていれば、特約があったとしても売主は担保責任を負うことになります(同条)。



 したがって、本件でも売主が自分の売る土地の一部に他人の土地が含まれていることを知っていたことを立証できれば、特約が無効であるとして上述の責任を追及することが可能です。



 また、契約において宅建業者自らが売主となっている場合には、担保期間を2年未満とする特約も無効となります(宅地建物取引業法40条)ので、今回の契約でも売主が宅建業者である場合には上述の責任を追及することができます。



 上記責任追及は相談者が購入した土地の一部に他人の土地が含まれていることを知った時から1年以内に行使する必要がある(民法564条)ので気を付けてください。



 なお、売主が今回の他人の所有部分について時効取得している可能性もあるので、そのあたりの事実関係も一度調べられてはいかがでしょうか。

2015年04月15日 03時28分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

不動産の営業担当者が契約したことを他人に漏らした契約を解除することは可能でしょうか?

不動産売買 2019年04月20日

最近不動産購入の契約をしたのですが、購入したことを担当者が私の同僚に伝えました。秘密にして欲しいと依頼していたのに。 これは法令違反にならないのでしょうか?違反になるとしたらどう罰則を与えることができるのでしょうか?

 老後の生活

不動産売買 2019年04月01日

不動産売買契約のトラブルについて 買い取り代金を送金しましたが、しばくして連絡がなくなり事務所の電話も、営業マンの携帯も通じなくなりました。

精神疾患で、不動産売買契約解除できるか。

不動産売買 2019年02月24日

今、私は、精神疾患の病気の一つ統合性失調症です。障害2級の年金を国から、頂いています。精神福祉手帳もあります。契約日平成31年2月8日に、不動産戸建購入の為の売買契約をしました。契約日も病気の状態でした。責任能力がないという証拠を示せ...

土地の金額が広告と契約書で相違があった場合どうなりますか?

不動産売買 2019年02月20日

パンフレットやweb広告で建築条件付き土地1500万、建物(標準プラン)1500万と記載のある物件を購入しました。 しかし土地の売買契約書には1800万と記載があり何故なのか質問をしたところ、「こちらの都合です」と言われました。 その...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ