他人の土地に通路を設ける必要があるのだけど・・・

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 相続した土地の公道に面している部分の一部の土地が他人の土地であることが判明しました。お金を支払って"囲繞地通行権"を行使する場合の相場を
教えてください。その場合、月ごとなのか、年ごとなのか、一括なのかといった形態もあわせて教えてください。



(40代:男性)

関連Q&A

売主の自殺は債務不履行原因となるのか

不動産売買 2016年11月11日

60代の男性が事業に行き詰まり、離婚問題も重なり、土地・建物の売買契約後、手付金を受け取った後で発作的にその建物の中で自殺してしまいました。心療内科等の通院歴があります。 売買契約の買主である大手ハウスメーカーは、相続人に対して、売主...

マンションの宣伝文句にだまされた!

不動産売買 2016年09月13日

マンションを購入しました。販売会社によれば、「入居前から飛ぶような売れ行き、多くの部屋が販売済」と表記されていました。しかし、実際入ってみると、ほとんど空き部屋であり、購入時に販売済みと表記されていた部屋も、数ヵ月後には「販売中」と表...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     相談文には、「土地の公道に面している部分の一部の土地が他人の土地」であったとあります。仮に、相談者の土地が一部でも公道に面していいて公道に通じているのであれば、囲繞地通行権を取得することはできません。

    民法210条では、「他の土地に囲まれて公道に通じない土地の所有者は、公道に至るため、その土地を囲んでいる他の土地を通行することができる。・・・」とされているからです。



     公道には通じているが他人の土地を通りたいときには、当該他人の土地に関して契約により通行地役権もしくは賃借権を設定する必要があります。
    この場合、契約の締結ということになるので、当該土地の所有者との話し合いで通行料や支払い方法を決めることになります。話し合いの際に通行地役権と類似の囲繞地通行権に関する民法の規定を参考にされると良いでしょう。囲繞地通行権の通行料に相当する償金は1年ごとの支払いで良いことになっています(212条)。

    また、通行料の相場ですが、基本的には相場はありません。ただ、囲繞地通行権の裁判等で裁判所が償金の額を決めるときは、近隣の駐車場の賃料の相場をもとに決定しています。ですので、契約締結の話し合いの際には近隣の賃貸借の相場を参考に通行料の交渉をしてみてはいかがでしょうか。

2014年01月07日

不動産売買に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ