離婚時に自宅の使用貸借を認められていたのに、自宅が競売された!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月23日 03時48分

 知人女性についての相談です。平成20年の離婚の際、知人は10年間住宅を無料で使用する使用借権を公正証書で作成しました(平成20年から平成30年まで)。ご主人(債務者)はローン借り入れのまま平成20年自宅から移転しました。その4年後、平成24年に自宅が抵当権実行のため競売になりました。競売で落札し所有権がかわったのですが公正証書による使用借権が有効なのでしょうか?



(60代:男性)

匿名弁護士

 結論から言うと、相談者の知人女性は自宅に住み続ける事はできません。

賃貸借契約の場合、抵当権設定登記よりも前に賃借権の登記もしくは建物の引渡がなされていれば、競落人に対しても賃借権を主張する事ができます(借地借家法31条1項)。

これは、借地借家法の適用によって、認められるものです。

一方、使用貸借契約にはこの借地借家法の適用はありません。したがって、使用貸借契約の場合、たとえそれが公正証書によるものであっても、その建物の所有権が売買・競売などの理由で他の者に移り、その者から立退きを要求された場合には、出て行かざるを得ません。



 もっとも今回の場合、知人女性は元夫に対し損害賠償を請求する事ができるでしょう。

なぜなら、知人女性は元夫との間で、離婚後十年間は本件住宅に無償で住む事が出来るという約束(契約)を交わしているのにもかかわらず、今回のような事になってしまったのであり、これは債務不履行にあたるといえるからです。

この債務不履行に基づく損害賠償請求において、公正証書が証拠となるでしょう。ただし、使用貸借である以上、損害賠償額は通常よりは低くなるでしょう。

2015年07月23日 03時48分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

隣地にマンションが建つことを知らされないで土地を購入しましたが、不動産屋から損害賠償はとれませんか?

不動産売買 2017年10月19日

マンションの真北の土地を購入し住んでいます。 日当たりはどうかと、日に何回か足を運び、確認して購入した土地です。 その時は春であったため、問題なくあたっていました。 しかし、冬は午前10時から夕方まで日影になります。住んでから、こんな...

兄弟間の家の権利売買に関して注意点があれば教えてください

不動産売買 2017年08月23日

現在、母親と兄が一緒の家に住んでいます。 母が土地のすべての権利と、家の60%の権利を持っています。 残りの家40%の権利のみ兄に権利がありますが、このたび親との同居ができなくなり、その変わりに弟の自分が母と同居しようと考えています。...

大家さんが売却をするようです。その場合私が今賃貸中の家を買い取る場合どのような費用・手続きが要りますか?

不動産売買 2017年08月07日

今賃貸中の家を買い取る場合(家主さんOKの場合) 始めに払った礼金・敷金はどうなりますか? 実は、大家さんは既に売却の予定で 既に、不動産屋さんで販売価格が決まっています。 不動産屋さんは、どなたかが購入されても居住権があるので 賃貸...

高齢の親に土地取得費用を貸す際の注意点について

不動産売買 2017年07月29日

父が亡くなったとき、父母が住んでいた家の土地が借りていたのを知りました。昔からの契約で、契約書もなく、地主さんに決まった額を払っていたようです。家は母のものですが 、土地を買い取るだけの遺産はないので、娘の私が三分の二ほど出してあげた...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

不動産売買に強い弁護士

【初回相談無料】【夜間・休日対応可】【当日・電話相談可】じっくりとお話を伺います。まずはお気軽にお問い合わせく...

【初回相談無料】【土日祝日夜間対応可】お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

【初回相談無料】元裁判官の弁護士が,ご依頼者様のため,全力で弁護させていただきます。

ページ
トップへ