離婚時に自宅の使用貸借を認められていたのに、自宅が競売された!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月23日 03時48分

 知人女性についての相談です。平成20年の離婚の際、知人は10年間住宅を無料で使用する使用借権を公正証書で作成しました(平成20年から平成30年まで)。ご主人(債務者)はローン借り入れのまま平成20年自宅から移転しました。その4年後、平成24年に自宅が抵当権実行のため競売になりました。競売で落札し所有権がかわったのですが公正証書による使用借権が有効なのでしょうか?



(60代:男性)

匿名弁護士

     結論から言うと、相談者の知人女性は自宅に住み続ける事はできません。

    賃貸借契約の場合、抵当権設定登記よりも前に賃借権の登記もしくは建物の引渡がなされていれば、競落人に対しても賃借権を主張する事ができます(借地借家法31条1項)。

    これは、借地借家法の適用によって、認められるものです。

    一方、使用貸借契約にはこの借地借家法の適用はありません。したがって、使用貸借契約の場合、たとえそれが公正証書によるものであっても、その建物の所有権が売買・競売などの理由で他の者に移り、その者から立退きを要求された場合には、出て行かざるを得ません。



     もっとも今回の場合、知人女性は元夫に対し損害賠償を請求する事ができるでしょう。

    なぜなら、知人女性は元夫との間で、離婚後十年間は本件住宅に無償で住む事が出来るという約束(契約)を交わしているのにもかかわらず、今回のような事になってしまったのであり、これは債務不履行にあたるといえるからです。

    この債務不履行に基づく損害賠償請求において、公正証書が証拠となるでしょう。ただし、使用貸借である以上、損害賠償額は通常よりは低くなるでしょう。

2015年07月23日 03時48分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

中古住宅購入後にシロアリ駆除の事実が判明した場合、購入金額の割戻しは請求できるのか?

不動産売買 2017年06月29日

3ヶ月ほど前に中古住宅を購入しました。不動産会社の事前の説明ではシロアリが被害はなく、予防のために製薬会社に管理を任せていたとのことでした。しかし、先日製薬会社が点検に来たときに以前にシロアリ駆除の事実があったことが判明しました。点検...

2017年6月6日相談内容の契約書に記載された解除に関する条項です。

不動産売買 2017年06月13日

「建築確認申請前の解約と手付金全額返金を希望しています 」 ・建築確認申請は未提出 ・間取りと予算内に納まるか?の打ち合わせを行ってきただけ。 ・メーカー(K◯住宅)の提示額が担当者が代わった途端3,800万から4,200万にUP(間...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不動産売買に強い弁護士

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

ページ
トップへ