温泉利用権付き土地を購入したのに急にお湯を止められた

Legalus編集部さん 2016年03月28日

 当方、平成19年1 月に温泉利用権を含む土地を購入しました。(契約書には売主により温泉給水と明記)その土地に、自宅を新築し温泉を利用しておりました。

 平成25年2月末に、事前に何の知らせも無く所有者が移転したようで、給水が突然止められました。このような事が認められるのでしょうか?



(40代:女性)

関連Q&A

駐車場使用料を特定承継人に請求できるか?

不動産売買 2017年03月22日

マンション管理センター通信2014.7 法律のひろば34回で、花房博文教授が「滞納された駐車・駐輪場使用料は、規約に基づき他の区分所有者に対して有する債権に当るので、中間者たる特定承継人にも及ぶとされた判例」として、研究を投稿していま...

共有の駐車場への通路の取り扱いについて

不動産売買 2017年03月18日

気に入った中古住宅兼店舗があったので購入を考えています。 奥に細長い物件で 道路には 9m面しています。 そのうち2mは 建物の奥にある来客用駐車場への舗装した通路となっています。 隣に同じ形の土地(通路を挟んで対照、現在は何も建って...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     今回相談者が購入されたのは土地と温泉のお湯を分けてもらう権利(分湯権)であると考えられます。

     温泉が湧き出る土地の所有者が持つ温泉権は慣習法上認められた物権ですが、その所有者からお湯を分けてもらう権利は債権であり法的保護は弱いものになります。

     また、借地権と異なり特別法で分湯権は物権的な保護をうけることはありません。

     ですので、新たな所有者と交渉してもお湯を分けてもらうことができないときはその土地から温泉を引くことは難しいでしょう。

     そこで、当該土地から温泉を引くことができなくなった場合には前所有者(相談者が購入した土地の売り主)に対して損害倍賠償請求することになります。

     相談者が土地を購入されたのは温泉を利用できるからであり、契約書に「売り主により温泉給水」と書かれていることからも、分湯権が行使できなくなったことは売主の債務不履行にあたるか又は担保責任を負う事情があると考えられるからです。

2016年03月28日

不動産売買に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ