借地上の持ち家は勝手に売れない?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 借地の上に持ち家があります。古い持ち家が空家になっているので売りたいです。買い手が見つかったので売りたいといったら地主が許してくれません。私に売る権利はないのですか?

(20代後半:女性)

関連Q&A

家の売却について

不動産売買 2017年01月21日

家の売却について教えてください。 4年前に、父親から1200万の借金と「住宅取得のための贈与税控除」(名称が違っているかもしれませんが・・)による1500万で私名義でマンションを買いました。 実印は私が、権利書は父親が保管しています。...

売主の不動産瑕疵担保責任

不動産売買 2017年01月11日

売主が売却した建物があるのですが、引渡し後、瑕疵担保責任該当事項が出てきたのですが、それに対して売主が対応してくれません。 売主は、別の場所に引っ越してしまい、話し合いもしてくれません。 今後、どのように対応すればいいのでしょうか? ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     借地上の建物を第三者に売却する場合、必然的に土地の賃借権(借地権)が、家屋を売った第三者に譲渡されることになるため、地主の承諾が必要となります(民法612条1項)。
     したがって、無断で譲渡した場合には賃貸借契約の解除事由になります(同条2項)。

     これに対し、地主に承諾を求め、拒絶された場合には、家屋の買主はその家屋を買い取るように地主に要求できるほか(平成4年7月31日以前の借地契約の場合は借地法10条、それ以降の場合は借地借家法14条、以下同じ)、あなたは裁判所に借地権譲渡につき「賃貸人の承諾に代わる許可」を求める申し立てをすることができます(借地法9条ノ2、借地借家法19条1項)。これを借地非訟事件といいます。
     申し立てがなされた場合、裁判所は借地権の譲渡を認めることが地主にとって不利になるおそれがないかどうかを判断し、不利になるおそれがない場合には地主に代わって譲渡の許可を与えることができます。なお、この場合において、当事者間の利益の衡平を図るため必要があるときは、賃借権の譲渡もしくは転貸を条件として、借地条件の変更を命じたり、一定の金銭(いわゆる「名義書換料」を支払ったとの同じ結果になります)を地主に支払うことで許可することができます。

2014年01月07日

不動産売買に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

丁寧な説明を心がけています。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ