農地を買い受ける事はできる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時14分

 持ち主も「売ってよい」と言っている土地があります。ただ、そこは地目が「農地」となっていて、通常の売買はできないようです。どのような手続を踏めばよいのでしょうか?

(20代後半:女性)

匿名弁護士

 農地を売買する行為は、原則として農地法により制限されています。そこで、農地を売買する場合には、農地以外のものにする必要があります。これを「転用」と呼びます。農地を転用する場合には転用の許可を受ける必要があります(農地法5条)。

 転用許可は、売買についての合意が成立してから、農地の所有者と買主との間で、その土地を管轄する農業委員会に対して共同で申請することになります(農地法施行規則6条)。
 申請は、所定の様式に基づいた申請書に印鑑証明、添附書類を添えて所在地の農業委員会に提出します。

 地区の農業委員会において、転用について異議のないときは、申請書の提出の翌日から40日以内に知事または農水大臣に進達され、平均2か月程度で許可、不許可が決定されます。許可が下りたときに所有権の移転登記ができます。

 もっとも、すべての農地が転用できるわけではありません。農地には、甲種農地、乙種農地があり、乙種農地はさらに第一種農地、第二種農地及び第三種農地に区分されています。
 このうち、甲種農地については原則として宅地転用が禁じられており、乙種農地でも、第一種農地は宅地転用に厳しい条件が課され、転用が難しく、第二種、第三種と進むにつれて条件が緩和されます。

 したがって、まずはあなたが購入しようとしている農地がどの区分にあたるのかを確認する必要があります。これについては、農業委員会に問い合わせてください。

2014年01月07日 04時14分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

隣地にマンションが建つことを知らされないで土地を購入しましたが、不動産屋から損害賠償はとれませんか?

不動産売買 2017年10月19日

マンションの真北の土地を購入し住んでいます。 日当たりはどうかと、日に何回か足を運び、確認して購入した土地です。 その時は春であったため、問題なくあたっていました。 しかし、冬は午前10時から夕方まで日影になります。住んでから、こんな...

兄弟間の家の権利売買に関して注意点があれば教えてください

不動産売買 2017年08月23日

現在、母親と兄が一緒の家に住んでいます。 母が土地のすべての権利と、家の60%の権利を持っています。 残りの家40%の権利のみ兄に権利がありますが、このたび親との同居ができなくなり、その変わりに弟の自分が母と同居しようと考えています。...

大家さんが売却をするようです。その場合私が今賃貸中の家を買い取る場合どのような費用・手続きが要りますか?

不動産売買 2017年08月07日

今賃貸中の家を買い取る場合(家主さんOKの場合) 始めに払った礼金・敷金はどうなりますか? 実は、大家さんは既に売却の予定で 既に、不動産屋さんで販売価格が決まっています。 不動産屋さんは、どなたかが購入されても居住権があるので 賃貸...

高齢の親に土地取得費用を貸す際の注意点について

不動産売買 2017年07月29日

父が亡くなったとき、父母が住んでいた家の土地が借りていたのを知りました。昔からの契約で、契約書もなく、地主さんに決まった額を払っていたようです。家は母のものですが 、土地を買い取るだけの遺産はないので、娘の私が三分の二ほど出してあげた...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

不動産売買に強い弁護士

【心理カウンセラー資格取得】あなたの気持ちに寄り添う弁護士です。元営業マンで、聞き上手な弁護士が、最良の解決を...

【川口駅前の法律事務所】【初回相談無料】不動産、債務整理、相続、離婚問題などお気軽にご相談下さい!

【横浜駅徒歩5分】【初回相談無料】【当日・夜間・休日相談可能】依頼者様とのやり取りは全て所長である私が徹底的に...

【初回法律相談30分無料】【完全個室相談】【泉佐野駅徒歩1分】しっかりとお話を伺い、ご依頼者様にとって最適な解...

【初回相談無料】地元の奈良において、気軽に相談ができる、かかりつけの医者のような 弁護士でありたいと考えており...

【初回相談無料】【土曜日相談可】地域に根ざした法的サポートをご提供いたします

ページ
トップへ