農地を買い受ける事はできる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時14分

 持ち主も「売ってよい」と言っている土地があります。ただ、そこは地目が「農地」となっていて、通常の売買はできないようです。どのような手続を踏めばよいのでしょうか?

(20代後半:女性)

匿名弁護士

     農地を売買する行為は、原則として農地法により制限されています。そこで、農地を売買する場合には、農地以外のものにする必要があります。これを「転用」と呼びます。農地を転用する場合には転用の許可を受ける必要があります(農地法5条)。

     転用許可は、売買についての合意が成立してから、農地の所有者と買主との間で、その土地を管轄する農業委員会に対して共同で申請することになります(農地法施行規則6条)。
     申請は、所定の様式に基づいた申請書に印鑑証明、添附書類を添えて所在地の農業委員会に提出します。

     地区の農業委員会において、転用について異議のないときは、申請書の提出の翌日から40日以内に知事または農水大臣に進達され、平均2か月程度で許可、不許可が決定されます。許可が下りたときに所有権の移転登記ができます。

     もっとも、すべての農地が転用できるわけではありません。農地には、甲種農地、乙種農地があり、乙種農地はさらに第一種農地、第二種農地及び第三種農地に区分されています。
     このうち、甲種農地については原則として宅地転用が禁じられており、乙種農地でも、第一種農地は宅地転用に厳しい条件が課され、転用が難しく、第二種、第三種と進むにつれて条件が緩和されます。

     したがって、まずはあなたが購入しようとしている農地がどの区分にあたるのかを確認する必要があります。これについては、農業委員会に問い合わせてください。

2014年01月07日 04時14分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

中古住宅購入後にシロアリ駆除の事実が判明した場合、購入金額の割戻しは請求できるのか?

不動産売買 2017年06月29日

3ヶ月ほど前に中古住宅を購入しました。不動産会社の事前の説明ではシロアリが被害はなく、予防のために製薬会社に管理を任せていたとのことでした。しかし、先日製薬会社が点検に来たときに以前にシロアリ駆除の事実があったことが判明しました。点検...

2017年6月6日相談内容の契約書に記載された解除に関する条項です。

不動産売買 2017年06月13日

「建築確認申請前の解約と手付金全額返金を希望しています 」 ・建築確認申請は未提出 ・間取りと予算内に納まるか?の打ち合わせを行ってきただけ。 ・メーカー(K◯住宅)の提示額が担当者が代わった途端3,800万から4,200万にUP(間...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不動産売買に強い弁護士

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

【堺市】南海本線堺駅すぐ

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

ページ
トップへ