競売で夢のマイホーム?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 競売を利用して安くマイホームが買えないかと考えています。
 どういうリスクがあるか教えてください。

(40代:男性)

関連Q&A

売主の自殺は債務不履行原因となるのか

不動産売買 2016年11月11日

60代の男性が事業に行き詰まり、離婚問題も重なり、土地・建物の売買契約後、手付金を受け取った後で発作的にその建物の中で自殺してしまいました。心療内科等の通院歴があります。 売買契約の買主である大手ハウスメーカーは、相続人に対して、売主...

マンションの宣伝文句にだまされた!

不動産売買 2016年09月13日

マンションを購入しました。販売会社によれば、「入居前から飛ぶような売れ行き、多くの部屋が販売済」と表記されていました。しかし、実際入ってみると、ほとんど空き部屋であり、購入時に販売済みと表記されていた部屋も、数ヵ月後には「販売中」と表...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     裁判所で行われる競売は、かつては専門業者しか入れない特殊な世界でしたが、最近では一般市民も参加するケースが増えてきています。

     競売物件は市価より2、3割安く買えるといわれます。しかし、トラブルにまきこまれる可能性が高く、高いリスクを承知しておく必要があります。

     まず、複雑な権利関係を背負っている場合があります。裁判所で閲覧できる書類で、ある程度のことはわかりますが、書類からはわからない事情がある場合もあります。
     最も大きな問題は、物件に占有者が居座っていることがあることです。明け渡し交渉は買主がしなければなりません。債務者が居座っているような場合、裁判所は「引渡命令」という文書を占有者に送達してくれますが、無視された場合、多額の費用をかけて、強制執行しなければなりません。

     このようなケースもあります。交渉がもつれ、1年以上も明け渡されず、法的手続きを経てやっと明け渡しを受けたときには内部が使用不可能なくらいに壊されていた。法外な立ち退き料等を請求されて、結局、市場価格で買うよりも高くついた。

     その他にもいろいろなリスクがあります。

    • 戸建・マンション等建物の場合、事前に内見ができないことがほとんど。

    • 閲覧から入札までの期間が短い。

    • 保証金を現金で支払わなければならない(最低競売価格の2割程度)。

    • 落札後のケアーが全くない(瑕疵担保責任など)。

    • マンションなどで管理費用を滞納している場合、落札後に精算する必要がある。

    • 売り出した面積と実際上の面積が異なることがある。

     また、「特別売却」として早い者勝ちで安く売られている物件は、業者も手を出さないものですから、要注意です。

     どうしても、競売物件を購入したい場合は、競売物件の閲覧所で、物件に関する書類(物件明細書、現況調査報告書、評価書)をしっかり見るようにしてください。現地調査もしっかりしてください。
     読み方や、リスクを予想できないようでしたら、競売物件を専門に扱っているコンサルタントや、弁護士に協力してもらうのもいいでしょう。

2014年01月07日

不動産売買に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ