新家主は敷金を返還しなければならない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時13分

 昨年、知人が、人に貸していた住宅を買ってくれというので、いずれは自分が住むつもりで安く譲ってもらいました。
 今年に入って、住んでいた方が引越しということで、賃貸借契約の解除の申出がありました。異議もなく、了解したのですが、敷金500万円を返還するようにいってきました。500万円とはいくらなんでも高額すぎです。そんな現金は出せませんので、私に売った知人に苦情をいったら、敷金は買った人間がもつのが当然。それを考慮して安く売ってやったんだ、といいます。

 購入時に敷金のことをすっかり忘れていた私も悪いのですが、当然に私が支払わなければならないのでしょうか。

(50代:男性)

匿名弁護士

 賃貸中の家を買い受けた場合は、前主と賃借人との契約関係がそのまま新所有者と賃借人との間に引き継がれます。

 したがって、前主と賃借人との契約として、敷金に関する取決めがある場合は、その取決めも受け継がなければならないことになるわけです。ですから、賃貸中の住宅を買い受ける場合は、敷金をいくらとっているのかを明らかにし、売買代金の上で考慮することが通常です。

 あなたのケースでも、知人と賃借人との間で500万の敷金の取決めがあったのでしたら、譲受人であるあなたは、明け渡し後に敷金を返還する義務があります。

 ただ、全額を必ずしも返還しなければならないわけではありません。借主には原状回復義務(借りた時点の状態に戻す)があります。
 借主の故意や過失で生じた汚損の修復にかかる費用を差し引いて返還すればよいわけです(通常の使用により生じた劣化の修復にかかる費用は差し引きできません)。
 また、敷引き特約といって、あらかじめ返還する敷金の額の取決めがある場合は、その限度で返還すればよいことになります。

 いずれにせよ、知人と借主の契約、知人とあなたの契約の内容を契約書等により確認してから、対処するようにしてください。

2014年01月07日 04時13分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

隣地にマンションが建つことを知らされないで土地を購入しましたが、不動産屋から損害賠償はとれませんか?

不動産売買 2017年10月19日

マンションの真北の土地を購入し住んでいます。 日当たりはどうかと、日に何回か足を運び、確認して購入した土地です。 その時は春であったため、問題なくあたっていました。 しかし、冬は午前10時から夕方まで日影になります。住んでから、こんな...

兄弟間の家の権利売買に関して注意点があれば教えてください

不動産売買 2017年08月23日

現在、母親と兄が一緒の家に住んでいます。 母が土地のすべての権利と、家の60%の権利を持っています。 残りの家40%の権利のみ兄に権利がありますが、このたび親との同居ができなくなり、その変わりに弟の自分が母と同居しようと考えています。...

大家さんが売却をするようです。その場合私が今賃貸中の家を買い取る場合どのような費用・手続きが要りますか?

不動産売買 2017年08月07日

今賃貸中の家を買い取る場合(家主さんOKの場合) 始めに払った礼金・敷金はどうなりますか? 実は、大家さんは既に売却の予定で 既に、不動産屋さんで販売価格が決まっています。 不動産屋さんは、どなたかが購入されても居住権があるので 賃貸...

高齢の親に土地取得費用を貸す際の注意点について

不動産売買 2017年07月29日

父が亡くなったとき、父母が住んでいた家の土地が借りていたのを知りました。昔からの契約で、契約書もなく、地主さんに決まった額を払っていたようです。家は母のものですが 、土地を買い取るだけの遺産はないので、娘の私が三分の二ほど出してあげた...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

不動産売買に強い弁護士

退職トラブルについては当職へご相談ください。お話を真摯に伺い、最良の選択肢を提案します。

【初回法律相談無料】常にご依頼者様の立場で考え、最善の解決に向けて一緒に粘り強く取り組みます。一人で悩まずどん...

【八丁堀駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日/夜間/土日対応可】依頼者の皆さまの気持ちを大切にし、使い勝手の良い...

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

ページ
トップへ