自分の代わりに弟が住宅ローン契約。これって大丈夫?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 このたび、銀行の住宅ローンを利用して住宅を購入することにしました。ですが、私は自営業者なので審査が通らず、サラリーマンの弟がローンを組むことになりました。そして、毎月の引き落とし分は、私が弟に支払うことに取り決めました。
 この住宅を間違いなく私のものにしたいと考え、登記は私の名義でするつもりです。そうすると、ローン名義が弟で、家屋の登記人が私であることになります。このような場合、何か問題はないのでしょうか?

(30代:女性)

関連Q&A

売主の自殺は債務不履行原因となるのか

不動産売買 2016年11月11日

60代の男性が事業に行き詰まり、離婚問題も重なり、土地・建物の売買契約後、手付金を受け取った後で発作的にその建物の中で自殺してしまいました。心療内科等の通院歴があります。 売買契約の買主である大手ハウスメーカーは、相続人に対して、売主...

マンションの宣伝文句にだまされた!

不動産売買 2016年09月13日

マンションを購入しました。販売会社によれば、「入居前から飛ぶような売れ行き、多くの部屋が販売済」と表記されていました。しかし、実際入ってみると、ほとんど空き部屋であり、購入時に販売済みと表記されていた部屋も、数ヵ月後には「販売中」と表...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     ローン契約は銀行とのお金の貸し借り(金銭消費貸借契約)であり、ローンの対象となる不動産の登記名義人が誰であるかとは、法律的には直接関係がありません(なお、住宅ローンの場合には、使用目的が自己使用の住宅取得に限定されている場合があり、この場合、弟さんが借りることはできません。目的を偽った場合には、契約上の責任を問われるおそれもあります)。
     しかし、銀行はローン契約締結にあたって、不動産に抵当権を設定するのが普通です。抵当権は、ローン契約において債務が滞ったときのための担保として設定するものですから、実行時に支障がないように、銀行はローン契約の債務者と担保不動産の登記名義人とを一致させたがる傾向があります。特に、不動産が誰かとの共有になっていたりするのを嫌がります。

     仮に、銀行がこういう形のローン契約を組んだ場合、債務が問題なく返済されているときや、あなたや弟さんがお二人とも健康で、関係も良好であるときは何の問題もありません。
     しかし、長く返済を続ける間には、契約時は当たり前と考えていた状況にも変化が起こることがあります。そのとき、ローン契約の名義人と担保不動産の名義人が異なることは、思わぬトラブルの火種となりがちなことなのです。
     また、住宅を取得した際には、税務署から「土地建物購入についてのお尋ね」という文書が送られてきます。その中に「支払代金の調達方法」という欄があり、きちんと事情を説明できないと贈与税が課税される可能性もあります。外見上、弟さんがお金を借り、あなたに渡したことになるため、贈与とみなされる可能性があるためです。

     ローンを組むために仕方がないとしても、万一の場合に備え、弟さんとの間で覚書などを作成し、ローン返済用の資金の支払いは銀行振込にして記録に残しておかれることをお勧めします。
     そのような覚書の内容は銀行に対抗することはできませんが、何かあったとき、紛争を最小限に抑えることができるものです。

2014年01月07日

不動産売買に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ